次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

困難を乗り越えるため仲間を巻き込む伝え方3つのポイント

2021.04.28 by 大図美由紀

【day1185】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

本日から、本格的にゴールデンウイークに突入ですね。

11連休の方もいらっしゃるでしょうか。

ちなみに、私は、通常営業していますので、何かありましたら、お気軽にご連絡、ご相談ください。

さて、3日前に、西村大臣の会見での発言「1年前を思い出していただきながら、その時以上に徹底したステイホームを」を取り上げました。

そして、正直、「1年前を思い出して」とお願いするだけでは、難しいですよねーと書きました。

なぜなら、1年前の私たちと今の私たちは、経験を積んだ分、違うからですね。

ちなみに、3日前の記事は、こちら。

社員にどんどんチャレンジをしてもらう方法@西村大臣発言

では、どんな発信をしたら、1年前以上に徹底したステイホームが実現できそうか?

徹底したステイホームを実現するための伝え方3つのポイントを、この2日間で、お伝えしてきました。

1つめは、昔の私たちに戻るのではなく、今の私たちにOKを出し、前に進もうというメッセージにする。

こちらの記事ですね。

どうしたら徹底的なステイホームが実現するか?@西村大臣発言その後

次に、2つめは、「苦痛回避」ではなく「快追及」で行動を促す。

記事は、こちらです。

どうしたら徹底的なステイホームが実現するか?@ワクワクパターン

そして、本日お伝えする、最後の3つめ。

上から下からのタテの関係でなく、「ヨコの関係で一緒のビジョンを目指す」です。

人は、上から目線で命令されると、やる気になりにくいです。

仕方がない。

言われたから。

やらされ感が育ちます。

一方で、下からお願いされても、やる気になりにくいです。

上から命令されても、下からお願いされても、言われた相手は、依存的になりやすいです。

「あなたが言ったから、やっている」

「頼まれたから、やっている」

という気持ちになってしまうんですね。

ところが、「ヨコの関係で、一緒のビジョンを目指す」なら、お互い自立的な関係になるんです。

「コロナの感染拡大を防ぎ、安心安全な暮らしを守るために、お互い、精一杯、やれることをやっていきましょう。」という感じです。

「どうしたら徹底的なステイホームが実現するか?」をお題に、目指す未来を実現するために、周りを巻き込む3つの伝え方のポイントをお伝えしました。

もう一度、まとめますと、

1つめ。昔の私たちに戻るのではなく、今の私たちにOKを出し、前に進もうというメッセージにする。

2つめ。「苦痛回避」ではなく「快追及」で行動を促す。

3つめ。上からの命令でも、下からのお願いでもなく、ヨコの関係でビジョンを目指す。

です。

この3点を踏まえた上で、対策を立て、メッセージを出していただけたら、スゴイ結果が出せるんじゃないでしょうか。

対コロナ禍においては、国のトップである政府のリーダーシップが問われていますが、政府だけで乗り越えられる災難でもないです。

国民の1人1人が、力を合わせて、取り組んでいきたいですよね。

ワクチン接種も始まっていますし、少しでも早いコロナ禍の収束を願います。

ステキなゴールデンウイークになりますように!

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

本日の問いかけ社員さんと一緒に目指したいビジョンや目標は?
一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加