次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

イラっとしたくないんです その5

2018.02.19 by 大図 美由紀

こんにちは!
「ワクワク働く」と「生産性」が両立する組織を創る専門家、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日もブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

昨日の続きです。

ここまでの記事は、こちら。

イラっとしたくないんです その1

イラっとしたくないんです その2

イラっとしたくないんです その3

イラっとしたくないんです その4

イラっとした時、5つの対応策」、
5つ目は、「相手の気持ちになってみる」です。

どういうことかと言いますと、

今回、相談してきた、若手リーダーは、
新人さんに、お仕事をお願いしたら、
第一声が、不満げな「えーっ!」
だったそうで、
イラっとしてしまった。

こんな感じで、進めていきました。

大図
その時の新人さんになってみると、どんな気持ち??

リーダー
他の仕事の方が、得意だから、そっちをやりたいなと思った。
頼まれたお仕事は、あまり得意じゃないから、出来るか、不安だった。

大図
そっかー!じゃあ、もう一度、その時に、戻れるとしたら、どうする??

リーダー
お仕事の内容を、もっと丁寧に説明しないといけなかったですね。

大図
わ!いいですねー!!!

いかがでしたでしょうか?

同じ出来事なのに、自分の目線でなく、
相手の目線から、見てみると、
違ったように捉えられますね。

5日間に渡り、
イラっとした時、5つの対応策」を、
お伝えしてきました。

1.イラっとしたら、一呼吸おいてみる。
2.被害者が出ないところで、感情を出してしまう。
3.イラっとした感情は、何を伝えてくれているのか、探ってみる。
4.イラっとした感情を、モチベーションのタネにする。
5.相手の気持ちになってみる。

いかがでしたでしょうか?

モチロン、そもそも、
イラっとしない対策もしていけるのですが、
それよりも先に、全ての感情を、
起こること全てを、
大事にして頂きたくて、
ご紹介させて頂きました。

人は、完全ではないので、喜怒哀楽が、
全くなくなることは、ありません。
悟りの境地になったら、
違うのかもしれませんが。

不完全な私達を愛したいし、
不完全だからこそ、
私達は、協力し合えるし、
成長が出来るのではないかと
思っています。

本日のチャレンジ課題:相手の気持ちになってみる

理想に向かって、仲間と一緒に、
ワクワク進む、幸せな組織創り、
応援しています\(^o^)/

疑問質問、ご相談がございましたら、
お気軽に、お問い合わせ下さい(*^_^*)
感想も、お待ちしております。

このブログをメルマガでも
お届けしています。
ご希望の方は、
下記フォームよりご登録ください^ ^

ワクワク働きたい組織づくりのヒントをお届け!








お問い合わせ

お問い合わせ

一覧に戻る
The following two tabs change content below.
大図 美由紀

大図 美由紀

次のステージに向け、チャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまと、「人がやりがいを持って、イキイキと働ける。そして、仲間と協力しながら、素晴らしい価値を世の中に提供していく」、そんな仕組みと組織を創っていくことを、一緒に取り組んでいます。

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加
Powered by WishList Member - Membership Software