次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

緊急事態宣言発令いいのか?悪いのか?

2021.01.07 by 大図 美由紀

【day1076】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏1都3県を対象に、緊急事態宣言が発令されました。

この決断は、いいのか?悪いのか?

これを判断するのに、「正しいか、間違っているか」で考えると、迷宮入りしてしまいます。

なぜなら、「正しいか、間違っているか」の基準は、過去の経験や常識から導き出されるものだからです。

また、「正しいか、間違っているか」で議論すると、相手をいかに説き伏せるか、やり込めるか、という展開になってしまいます。

なぜなら、「正しいか、間違っているか」の議論は、何かが正解で、他は間違っているという、勝ち負けがある前提だからです。

つまり、「正しいか、間違っているか」は、未来を切り開くために、アイディアを出したり、決断をする時には、向かない判断軸なのです。

学校の勉強やルールを覚える時には、向いてますけどね。

それでは、未来を切り開くために、アイディアを出したり、決断をする時には、何を判断軸にするといいのか?

それは、ビジョン・ミッション・価値観です。

「それは、ビジョンに近づいているか?」

「ミッションに沿っているか?」

「価値観を大事にしているか?」

です。

会社にとっての大事な判断をする時だけではなく、社員さんとのちょっとしたやり取りにも、このように問いかけながら、判断軸として使って頂けると、御社のビジョン・ミッション・価値観が、社員さんに浸透しやすくなりますよ。

当社の顧問先さまでも、

社長
社員の提案を、「正しいor間違っている」で、返していた時より、ビジョン・ミッション・価値観に合っているか否かで、返すようになったら、社員が以前より考えてくれるようになりました!

と、よく言われます。

また、

社長
社員に、「正しいor間違っている」かで、ダメ出しをしていた時は、気持ち的にも、イライラしがちでしたが、ビジョン・ミッション・価値観に合っているか否かで、考えてもらうようにしたら、気持ちがラクになりました!

とも言われます。

ぜひ、試してみてくださいね。

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

本日のチャレンジ課題社員さんの教育や指導の判断軸を、御社のビジョンやミッション、価値観にしてみましょう
一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.
大図 美由紀

大図 美由紀

次のステージに向け、チャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまと、「人がやりがいを持って、イキイキと働ける。そして、仲間と協力しながら、素晴らしい価値を世の中に提供していく」、そんな仕組みと組織を創っていくことを、一緒に取り組んでいます。

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加