次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

イラっとしたくないんです その3

2018.02.17 by 大図 美由紀

こんにちは!
「ワクワク働く」と「生産性」が両立する組織を創る専門家、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日もブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

昨日の続きです。
ここまでの記事は、こちら。

イラっとしたくないんです その1

イラっとしたくないんです その2

「イラっとした時、5つの対応策」、
3つ目を、ご紹介させて頂きますね!!

イラっとするのは、
まだ諦めてないからだ!
期待しているからだ!
だから、まだやれることがある!!
ということを、
イラっという感情が伝えてくれているのだと知ることです。

どういうことかと言いますと、

例えば、
今回、相談してきた、若手リーダーは、
新人さんに、お仕事をお願いしたら、
第一声が、不満げな「えーっ!」
だったそうで、
イラっとしてしまった。

この場合、
もし、その新人さんを、
心底、どうしようもないヤツって思っていたなら、
そもそも、その仕事が出来ないって思っていたら、
本当に、絶望していたなら、
そもそもイラっとなんてしません。

「新人さんなら、その仕事が、出来る」って信じている。
「新人さんは、本当は、素直に、その仕事に取り組んでくれるような人だ」って思っている。
だからこそ、ショックを受けたけど、
まだ諦めてない
何かやれることがあるはずだ。
ということなんですね。

「みんなで協力して、仕事をやり遂げたい!」
「みんなで協力して、いい仕事が出来るはず!」
だからこそ、ショックを受けた。
でも、まだ諦めてない
何かやれることがあるはずだ。
ということです。

なので、「自分は、イラっとしちゃって、ダメなヤツ。器が小さい。」とか、思わないで下さいね。
まだまだ伸びしろがあるってことです。
可能性を信じる気持ちがあるのだってことです。

あなたのどんな想いが、大事にされなかったから、イラっとしたのでしょう?
本当は、何を信じているのでしょう?
感情に、アクセスしてみて下さいね。

いかがでしょうか?

私は、どんな感情も、命を守るために、
必要だから、存在していると
思っています。

感情に振り回されずに、
寧ろ、丁寧に扱って、
人間関係が良好になったり、
仕事でいいパフォーマンスを
発揮したり、
していきたいですね。

次回、4つ目は、
とても興味深い対応策だと思います。
楽しみにしてて下さいね。

(その4に続く)

本日のチャレンジ課題:イラっとした感情は、何を伝えてくれているのか、探ってみる。

理想に向かって、仲間と一緒に、
ワクワク進む、幸せな組織創り、
応援しています\(^o^)/

疑問質問、ご相談がございましたら、
お気軽に、お問い合わせ下さい(*^_^*)
感想も、お待ちしております。

このブログをメルマガでも
お届けしています。
ご希望の方は、
下記フォームよりご登録ください^ ^

ワクワク働きたい組織づくりのヒントをお届け!








お問い合わせ

お問い合わせ

一覧に戻る
The following two tabs change content below.
大図 美由紀

大図 美由紀

次のステージに向け、チャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまと、「人がやりがいを持って、イキイキと働ける。そして、仲間と協力しながら、素晴らしい価値を世の中に提供していく」、そんな仕組みと組織を創っていくことを、一緒に取り組んでいます。

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加
Powered by WishList Member - Membership Software