次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

松下幸之助さんが繰り返し同じ質問をして人を育てた話

2020.11.27 by 大図 美由紀

【day1035】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

昨日、経営者と話していて、

社長
コーチングって質問することでしょ?自分は待てないんだよねー。社員が答える前に、自分が答えを言っちゃうんだよね。

と言われました。

コーチングですることは質問だけではないのですが、相手に考えてもらうために、こちらから答えを言う(指示命令をする)のではなく、問いかけて待つというのは、大事なポイントです。

本日は、問いかけて待つことにおいて、素晴らしいとうなってしまう、松下幸之助さんと秘書さんのエピソードをご紹介です。

アメリカのある有名な学者が来日し、松下幸之助さんと会いたいということで、会うことになりました。

その面談がせまったある日、松下さんは秘書に尋ねます。

「○○さんを知っているか?」

秘書は知っていたため、

「△△をしている人です」

と答えます。

松下さんからは、「そうか、わかった」と返事がありました。

秘書は、すぐに答えられたことに満足していました。

すぐに答えられないこともよくあったからです。

そんな翌日、松下さんは秘書に尋ねます。

「○○さんを知っているか?」

昨日と同じ質問です。

秘書は、松下さんは昨日の答えを忘れたのかな。仕方ないなと思いながら、

「△△をしている人です」

と答えます。

松下さんからは、「そうか、わかった」と返事がありました。

ところが、次の日も、秘書は松下さんから同じ質問をされます。

3日続けて同じ質問をされた秘書は、「すぐに忘れてしまうなんて、ずいぶんといい加減に聞いてくれるじゃないか」と憤りを感じます。

ぐるぐると怒りを感じながら過ごしたその3日目の午後、ふと思い立ちます。

松下さんが繰り返し同じ質問を繰り返してくるのは、忘れているのではなく、自分の答えが不十分だからではないだろうか?

そこで、その学者の分厚い著書を深夜までかかって読み、朝方までかかって、30分の報告ができる程度のメモにまとめ、テープへ録音します。

4日目。

松下さんから、また同じ質問。

「○○さんを知っているか?」

秘書は、喜々として調べたことを伝え、録音テープを渡します。

松下さんからは「ようわかった、ようわかった」と2回の「わかった」をいただきます。

そして、満足げな表情。

5日目。

松下さんは秘書に伝えます。

「きみ、いい声しとるなあ」と。

秘書は、涙がでそうになるほど、感激したそうです。

自分が気づいて行動したことを認めてもらえたと。

ここまで辛抱強く待てるって、スゴイですよねー。

そして、「○○さんについて調べなさい」という指示命令だと、言われたとおりに動く人が育ちます。

問いかけることによって、自分で考えられる人が育つんですね!

そんなコーチングを含めた人材育成、組織づくりのノウハウが体験できるセミナーを開催しています。

「社員に任せてグングン伸びる組織をつくる『五感思考マネジメント体験セミナー』」です。

次の開催は、12月1日。あと1名です!

ご興味とタイミングの合う方に、ご参加いただけたら、嬉しいです。

詳細は、こちらから。

社員に任せてグングン伸びる組織をつくる「五感思考マネジメント体験セミナー」

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

本日の問いかけ自分で考え動く社員を育てるために、どんな問いかけをしてみましょうか?
一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.
大図 美由紀

大図 美由紀

次のステージに向け、チャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまと、「人がやりがいを持って、イキイキと働ける。そして、仲間と協力しながら、素晴らしい価値を世の中に提供していく」、そんな仕組みと組織を創っていくことを、一緒に取り組んでいます。

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加