次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

仕事を頼みやすい職場には○○がある

2019.09.23 by 大図 美由紀

【day602】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりの専門家、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

先日、クライアントさんとお話ししていたら、

社長
社員をよくみてないと、ホメることができないから、大変

とおっしゃりつつ、社員さんへのポジティブな声がけを、頑張っているそうです。

大図
すごいですね!

とお伝えしたら、

社長
普段から声がけをしてる方が、お願いをしやすいから。

とのこと。

そうなんですよね!

このようにポジティブな関わりを、ストロークと言います。

ストロークは、交流分析という心理学で、使われている言葉です。

経営コンサルティングの師匠のお一人、野原ひでおさんから、教えて頂きました。

社員さんが、イキイキとしている職場では、このストロークが、多く飛び交っています。

「おはよう」
「ありがとう」
「最近、どう?」
「○○してくれて、助かったよ」
全てストロークです。

ちなみに、ストロークには、こんな種類があります。

①精神的ストロークは、
ほめる、認める、うなづく、相談する、情報を伝える、報告する、返事をする、目を見る、挨拶する、叱る、解決策案を持っていく、など

②肉体的ストロークは、
ポンと背中をたたく、肩をもむ、頭をなでる、抱擁する、など

逆に、相手を傷つける関わりを、ディスカウントと言います。

①精神的ディスカウント
無視する、けなす、情報を伝えない、怒る、どなる、など

②肉体的ディスカウント
なぐる、ける、ケガをさせる、殺す、など

旦那さまと同居を始めて、もうすぐ丸3ヶ月。

昨日の記事のとおりですが、旦那さまは、メキメキとコーチング力を上げております。

ネガティブな社員さんがすぐに前向きになる方法

一方で、コミュニケーションについては、私の方が、気をつけねばと思う今日この頃。

旦那さまに対するストロークが少し減っているような気がします。

この週末、「この部屋の掃除機、お願い」「イスで寝ないでお布団で寝る」など、リクエストを出すと、明らかに旦那さまの顔が、固まったタイミングがありました。苦笑

お互い、ストローク、頑張りましょう^ ^

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています。

御社の現状は、いかがでしょうか?

社員に任せてグングン伸びる組織づくり、お手伝いさせてください。

一緒に、社員に任せてグングン伸びる組織をつくりませんか?

社員に任せてグングン伸びる組織のお試し相談を申し込んでみる

本日の問いかけいつ、誰に、どのように、ストロークをしましょうか?

追伸:小冊子、今月末までに完成させます!

↑引き続き、宣言して、追い込み。

・年商1億円アップ、お客様数2倍
・1ヶ月に10件あったクレームが314日間0件

こんな結果が手に入る「ワクワク働きたい組織づくり」の秘訣とは?

貴社が抱える問題の「真の原因」と解決策を明らかにしたい方は、
今すぐ、こちらから、お問い合わせください。
1on1セミナーやってます。


大図美由紀フェイスブック
(お気軽にフォローください)

このブログをメルマガでも
お届けしています。
ご希望の方は、
下記フォームよりご登録ください^ ^

ワクワク働きたい組織づくりのヒントをお届け!









お問い合わせ

お問い合わせ

一覧に戻る
The following two tabs change content below.
大図 美由紀

大図 美由紀

次のステージに向け、チャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまと、「人がやりがいを持って、イキイキと働ける。そして、仲間と協力しながら、素晴らしい価値を世の中に提供していく」、そんな仕組みと組織を創っていくことを、一緒に取り組んでいます。

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加
Powered by WishList Member - Membership Software