次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

経営者と管理職の意見の食い違いを解消するには?

2020.12.02 by 大図 美由紀

【day1040】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

「GO TO トラベル」について、菅総理と小池都知事は、1日の朝から何度も話し合いを重ね、1つの結論にたどりつきました。

結論とは、「東京からの発着について、65歳以上の高齢者などに対し、利用自粛を呼び掛ける」こと。

しかし、一旦の落としどころを見つけてはいるものの、実は、菅総理と小池都知事の意見は、違うのだそうです。

菅総理は、「利用の『自粛』を呼びかけたい」と『自粛』を主張。

一方、小池都知事は、「一定期間、利用の『停止』」を要請。

企業内でも、経営者と管理職の意見が分かれること、よくありますよね。

先日お伺いしたクライアントさま先でも、ある件について、経営者と管理職の認識が、違っていました。

社長は、その件について、「管理職に伝えてある」。

一方、管理職は、「聞いてない」と。

おそらく、どちらの主張も正しいのだと思います。

社長は、確かに、管理職に言った。

しかし、社長が伝えたいように、管理職たちは受け取っていなかった、のでしょうね。

なぜ、このようなことが起こるのか?

社長とリーダーの立場の違いから、各々、見えているものが違うからですね。

下図のように。

ですので、経営者の目線から正論を伝えても、社員さんには伝わらない。

伝わらないから、動いてもらえないということが、起こります。

では、どのように、社員さんに伝えれば、経営者の想いや考えは伝わるのか?

どうすれば、社員さんたちが、やる気になり、考え動いてくれるのか?

それらを、こちらのセミナーでお伝えしています。

社員に任せてグングン伸びる組織をつくる「五感思考マネジメント体験セミナー」です。

社員に任せてグングン伸びる組織をつくる「五感思考マネジメント体験セミナー」

12月6日(日)までにお申し込みいただいた方は、早期割引価格でご提供しております。

開催も、12月9日と17日の、あと2回となりました。

来年こそ、組織を飛躍させたいという方は、ぜひセミナーにご参加ください。

本日の問いかけどのように、社員さんに伝えれば、経営者の想いや考えは伝わるでしょうか?
一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.
大図 美由紀

大図 美由紀

次のステージに向け、チャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまと、「人がやりがいを持って、イキイキと働ける。そして、仲間と協力しながら、素晴らしい価値を世の中に提供していく」、そんな仕組みと組織を創っていくことを、一緒に取り組んでいます。

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加