次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

社員さんに活躍してもらうためには、この3つを意識する@東大入学式の祝辞より

2019.04.13 by 大図 美由紀

【day440】

こんにちは!

ワクワク働いて、
生産性を向上させる組織の専門家、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

東京大学の入学式の祝辞が、
話題になっていますね。

祝辞をされたのは、
女性学の第一人者である
上野千鶴子さん。

全文を読みましたが、
素晴らしい祝辞ですね。

「あなたたちは
頑張れば報われると思って
ここまで来たはずです。

ですが、頑張っても
それが公正に報われない社会が
あなたたちを待っています。」
と、彼らにとって困難となりうる
状況を伝え、

「あなたたちの頑張りを、
どうぞ自分が勝ち抜くためだけに
使わないでください。

恵まれた環境と恵まれた能力とを、
恵まれない人々を
貶めるためにではなく、

そういう人々を助けるために
使ってください。」
と、彼らに期待していることを、
伝えています。

最も私の心に響いたのは、
5年前に、最年少で、
ノーベル平和賞を受賞した
マララ・ユスフザイさんの
エピソードです。

マララさんのお父さんは、
「どうやって娘を育てたか」
と聞かれて、
娘の翼を折らないようにしてきた
と答えたそうです。

人は、本来、
周りの人を信頼したいし、
役に立ちたいんですよね。

このブログでも、
度々、ご紹介してきている
アドラー心理学の幸福の3条件

1.自分が好き(自己受容)
2.人は信頼できる(他者信頼)
3.私は貢献できる(貢献感)

ですね。

しかし、成長していく過程の中で、
勇気がくじかれるような
さまざまな体験を経て、
自分に制約をかけるようになっていく。

だから、私が、クライアントさんの
社員面談をする際には、
意識する3つのことがあります。

社員さんお1人お1人が、
仲間と協力しあって、
自分らしい人生やキャリアを
歩んでいくことを加速させながら、

この会社を選んで良かった、
ここで働けて良かった
と感じられるために、

社員さんに、気づいてもらいたい、
育てていってもらいたい、
3つのことです。

その3つとは、、、

まず、
1.ビジョン・価値観
その社員さんの「どうなったらいいか」
「何を大事にしていきたいか」です。

ビジョンは、「何の制約もなかったら
実現したいこと」だけでなく、
ワクワクする直近の未来、
目標等々、OKです。

ビジョン、例えば、
・○○のスペシャリストとして、一人前になりたい

・毎日、笑顔で接客が出来る

・売上目標○○達成

・チームのメンバーみんなが、
イキイキと仕事が出来る
等々

価値観、例えば、
一体感、成長、効率、
仕事とプライベートのバランス、
スピード、
等々

 

次に、
2.この会社で、
自分が成長したいこと、
チャレンジしたいこと

例えば、
・○○の技術を覚えたい。

・発言をたくさんする。

・将来リーダーになるために、
必要なことを1つでも身に着けたい。

等々

 

最後に、
3.この会社で、
自分が仲間に貢献出来ること

例えば、
・○○の技術について、自分は詳しい

・アイディアをたくさん出す

・コピーをキレイに取るのが得意。
等々

御社の各社員さんの3つは、
何でしょうか?

社員さんのこの3つに
興味関心をもって、関わられたら、
頼もしく、育っていかれますよ。

本日の問いかけ御社の社員さんが、ますます活躍するために、何をしてみましょうか?

理想に向かって、仲間と一緒に、
ワクワク進む、幸せな組織創り、
応援しています\(^o^)/

疑問質問、ご相談がございましたら、
お気軽に、お問い合わせ下さい(*^_^*)
感想も、お待ちしております♪♪

このブログをメルマガでも
お届けしています。
ご希望の方は、
下記フォームよりご登録ください^ ^

ワクワク働きたい組織づくりのヒントをお届け!









お問い合わせ

お問い合わせ

一覧に戻る
The following two tabs change content below.
大図 美由紀

大図 美由紀

次のステージに向け、チャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまと、「人がやりがいを持って、イキイキと働ける。そして、仲間と協力しながら、素晴らしい価値を世の中に提供していく」、そんな仕組みと組織を創っていくことを、一緒に取り組んでいます。

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加