次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

NOを伝える技術で、NO社内トラブル

2018.09.04 by 大図 美由紀

こんにちは!
ワクワク働いて、
生産性を向上させる組織の専門家、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

今回の最強台風の被害が、
かなり大きいようですね。

被害に遭われた方、
心よりお見舞い申しあげます。

これ以上、被害が拡大
しませんように。

さて、ネットニュースを、
流し読みしていましたら、
面白いニュースを、見つけました。

お笑いコンビ・ピースの又吉さんが、
一休さんのトンチのような機転で、
トラブルを回避したというお話です。

又吉さんが、お笑い芸人仲間たちと、
居酒屋に入ったところ、
ラストオーダー間際でしたが、
店長さんは、快く、受け入れて下さり、
食事を楽しんでいました。

しばらくすると、黒人男性が、
お店に入ってきました。

もう、ラストオーダーの時間を
過ぎていたので、
店長は、閉店だということを伝えて、
帰ってもらおうとしたところ、
その男性は、激怒。

又吉さんたちが、食事をしているのに
自分だけ追い返されたことで、
差別されたと誤解してしまった様子。

そして、その男性は、退店後も、
ガラス張りの店の外で、
ずっと店内を、にらんでいたそうです。

又吉さんたちは、
店を出るに出られなくなり
困ってしまいました。

そこで、又吉さんが、
「ちょっと電気消してみようや」と提案。

言われた通りに、店長が電気を消すと、
又吉さんは、仲間に、
「ちょっと皿運んで」と指示。

すると黒人男性は、
又吉さんたちのことを、
まかないを食べていただけの店員と
勘違いして、
すぐにその場を立ち去っていった
そうです。

又吉さん、ナイス機転ですねー。

さて、
コミュニケーションの専門家として、
ここで、おさえておきたいことは、
黒人男性が、激怒した理由です。

彼は、食事が出来なかったからではなく、
差別されたと感じたから、
激怒したのです。

人が、人間関係の中で、
怒ったり、悲しくなったり、
ネガティブな気持ちを抱くのは、

自分が大切に扱われなかった、
自分の大事にしているものが、
蔑ろにされた、と感じた時です。

人間関係が、
上手くいかない時というのも、
相手に不当な扱いを受けたとか、
大事にされてないと、
どちらかが、感じる時では、
ないでしょうか?

今回の男性も、
差別された訳ではないことが伝われば、
恐らく、激怒は、しなかったでしょう。

これは、推測ですが、店長さんは、
「ラストオーダーの時間が
過ぎたから、ごめんなさい。」
と謝ったのではないかと思います。

決して、間違った対応ではありませんが、

「訪ねてくれて、ありがとう。
また来てね。」と、
来てくれて、嬉しかった気持ち、
また来てほしいという気持ちを、
伝えたなら、

差別をされたと、
誤解されなかったのでは、
ないでしょうか?

「言葉が、通じなかったのでは?」
という意見も、ありそうですね。

コミュニケーションは、
言語だけではありません。

非言語や、ツールを使って、
伝えることも、できます。

例えば、笑顔で、
「また来てください」と言う。

握手をしながら言う。

また来てほしいという意味で、
お店のチラシや、ショップカードを渡す。

感謝と愛情を、伝えるつもりで。

社内でも同じことが、言えます。

社員さんの提案や要望に、
全てOKを出す必要は、ありません。

当たり前ですが、
NOと言って、OKです。

ラストオーダー時間のルールを
曲げてまで、黒人男性を、
入店させる必要がないように。

社員さんの意見や要望に対するNOを、
社員さんの存在にNOを出したと、
思われないように、

社員さんの存在へのYESも、併せて、
伝えていきたいですね。

本日の問いかけ:
どのように相手の存在に
YESを伝えましょうか?

理想に向かって、仲間と一緒に、
ワクワク進む、幸せな組織創り、
応援しています\(^o^)/

疑問質問、ご相談がございましたら、
お気軽に、お問い合わせ下さい(*^_^*)
感想も、お待ちしております♪♪

このブログをメルマガでも
お届けしています。
ご希望の方は、
下記フォームよりご登録ください^ ^

ワクワク働きたい組織づくりのヒントをお届け!









お問い合わせ

お問い合わせ

一覧に戻る
The following two tabs change content below.
大図 美由紀

大図 美由紀

次のステージに向け、チャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまと、「人がやりがいを持って、イキイキと働ける。そして、仲間と協力しながら、素晴らしい価値を世の中に提供していく」、そんな仕組みと組織を創っていくことを、一緒に取り組んでいます。

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加
Powered by WishList Member - Membership Software