次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

セクシーだけではクールじゃない@経営者が小泉発言から注意したいこと

2019.09.25 by 大図 美由紀

【day604】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりの専門家、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

国連気候行動サミットで、外交デビューの小泉進次郎環境相。

なんだか、かなり批判を受けてますね。

・環境会議に出席しているのに、ステーキレストランに行った。
・「環境がセクシー」って意味分からん。
・「火力発電をどう減らす」という質問にちゃんと答えなかった。
などなど。

さて、本日、取り上げたいのは、「環境がセクシー」問題。

セクシーなのは、OKなんですけど、記者団から「セクシー」発言の真意を問われて、「それをどういう意味かって説明すること自体がセクシーじゃないよね」という回答は、ちょっと残念だなと思いました。

抽象的な言葉だけで、「具体的には?」がないからですね。

でも、「大臣が国連でそんな発言するなんて!」と非難するのは簡単ですが、この抽象的な言葉の発言については、経営者も要注意です。

それは、理念やビジョン、行動指針なども、抽象的な言葉が使われているケースが多いからです。

社長が社員に伝えた理念やビジョン、行動指針を、社員が、社長の意図どおりに受け取っているとは、限りません。

違っていることの方が、多いでしょう。

むしろ、全く同じように受け取っているなんて、奇跡に近いです。笑

そして、それは、「社員のせい」ではありません。

お互いに、確認し合っていくべきことなんです。

社員のお客様への対応に、イマイチだなと思うことがあったら、

「お客様へのさっきの対応、行動指針の○○をしてるって、言えるかな?どう?」と確認していく。

こういう対話を繰り返していくことで、理念やビジョンが、空想的な理想ではなく、1人1人にとって、日常の行動になっていきます。

さらに、「在庫管理、ちゃんとやっといて。」のような、日常的な指示だって、社長の「ちゃんと」と社員の「ちゃんと」は、違う。

社員だって、社員ごとに「ちゃんと」が違う。

「ちゃんと」は、「1日1回」かもしれないし、「1日2回」かもしれない。

「ちゃんと」は、「数が足りていればいい」ということかもしれないし、「数を関係部署に報告をする」ところまで、入っているかもしれない。

いずれにしても、最初から、全員が同じように受け取る、解釈することなどありませんので、気付いた時点で、対策をうち、また、繰り返し確認していく。

このお互いの解釈のすり合わせを、面倒くさいと思われる方も、いらっしゃるかもしれませんが、最初から、「必要なことだと」と
分かっていれば、少しは、楽しめるでしょうか?

このプロセスを経ることで、組織は、どんどん強くなっていきますからね!

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

御社の現状は、いかがでしょうか?

社員に任せてグングン伸びる組織づくり、お手伝いさせてください。

一緒に、社員に任せてグングン伸びる組織をつくりませんか?

社員に任せてグングン伸びる組織のお試し相談を申し込んでみる

本日の問いかけ社員さんとビジョンや理念、行動指針の解釈を一致させるために、何をしてみましょうか?

追伸:小冊子、今月末までに完成させます!

↑引き続き、宣言して、追い込み。

・年商1億円アップ、お客様数2倍
・1ヶ月に10件あったクレームが314日間0件

こんな結果が手に入る「ワクワク働きたい組織づくり」の秘訣とは?

貴社が抱える問題の「真の原因」と解決策を明らかにしたい方は、
今すぐ、こちらから、お問い合わせください。
1on1セミナーやってます。


大図美由紀フェイスブック
(お気軽にフォローください)

このブログをメルマガでも
お届けしています。
ご希望の方は、
下記フォームよりご登録ください^ ^

ワクワク働きたい組織づくりのヒントをお届け!









一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.
大図 美由紀

大図 美由紀

次のステージに向け、チャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまと、「人がやりがいを持って、イキイキと働ける。そして、仲間と協力しながら、素晴らしい価値を世の中に提供していく」、そんな仕組みと組織を創っていくことを、一緒に取り組んでいます。

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加