次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

合意なき決定でも、社員に積極的に力を発揮してもらうには?

2019.11.06 by 大図 美由紀

【day646】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりの専門家、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

ラグビーのワールドカップは終わってしまいましたが、次の大きなスポーツイベントは、TOKYOオリンピックですね!

なんと、マラソンと競歩の開催都市が、東京ではなく、札幌になりました。

こんな直前での変更ってあるんですね!

ドーハの世界陸上で棄権者が続出したそうですから、同じ轍を踏まないようにと再考したことは、素晴らしいですよね。

しかし、選手や東京都始め関係者のみなさまは、準備を重ねてきたでしょうから、それは、ザワザワしますよね。

しかも、小池都知事は、事前に聞いてなかったそうで、そんな小池都知事の「合意なき決定」発言が、話題になっていますね。

「合意なき決定」発言とは、11月1日に行われた、IOC(国際オリンピック委員会)・国・都・大会組織委員会の4者のトップ協議の場での小池東京都知事による次の発言です。

札幌開催には同意できないが、IOCの決定は妨げることはしないということが東京都としての決断。あえて申し上げるなら、合意なき決定だ。

発言の主旨としては、

東京都として、移転そのものにすんなり合意ということは難しい。一方で、大会成功のためには、そのことについては妨げることはないという両方で、先ほども「合意なき決定」という言葉に集約させていただいた。そもそも東京大会そのものが煮崩れを起こしてしまうことは、大会の成功に繋がらない。色んな思いがございました。

とのこと。

さて、いろんな関係者がいる中で、合意を取りながら、進めていくのは、とても大変なことです。

これは、企業の中でも同じですね。

今回の件を、企業に当てはめてみたら、少々強引な社長(IOC)が、なかなかいい解決策を出してこない事業担当部長(小池都知事)に相談もなく、ギリギリで、事業に関する変更(マラソン&競歩の開催地変更)の決定を行ってしまった、という感じでしょうか。

企業内では、まぁまぁあることでしょうかね。

もし、サポートする企業で、このようなこと(推進事業において緊急かつ重要な決断が必要である)が起こった場合、私だったら、どのようにサポートしていくか?

まず一番大事なことは、社長が、考え得る中でベストだと思う決断ができるよう、あらゆる可能性のシミュレーションをサポートします。

対話を大事にしている私なら、「事業担当部長にも事前に相談すべき」と言うと思われるかもしれませんが、ベストなゴールを実現するために、独断で進めるというのも、ありです。

最終的に責任を負うのは、トップだからです。

どこまで任せるか(決断に参加させるか)は、組織の成熟度によります。

その代わり、ここから(決断を下した後)が、とても大事です。

ただ、決断を伝えただけでは、事業担当部長は、「聞いてないよー!」「自分たちの今までの苦労は?せっかく頑張ってきたのに、、、。」「どれだけ自分が頑張っても、結局、社長に覆される。やる気なくすよなー。」となるはずです。

社長が事業担当部長に「仕事なんだから、いいからやれよ!」と言っても、事業担当部長は、頭で納得しても、気持ちがついてこないと思います。正論なんですけどね。

しかし、事業担当部長&率いる部下にも、最大限の力を発揮してもらい、目指すゴールに向かって、一緒に走ってもらいたいところです。

そのために欠かせないことは、決断が下された後、以下の3点について、対話をすることです。

「プロジェクトの成功とは?どうなったらいいのか?」(ビジョンの共有)

「そのために、どんな貢献ができる?」(本人たちが与えられるものの確認)

「このプロジェクトを通じて、どんな成長をしたい?」(本人たちが得たいものの確認)

あと、その前に、モチロン、ねぎらいの言葉も、かけたいですね。

いかがでしょうか?

ブログでは書ききれないことも多いため、これらを、次の1冊の本にまとめました。100ページ以上になりますが、それでも、まだまだお伝えしたいことがあるくらいです。よろしければ、ご一読いただき、御社の組織づくりに役立てて、いただきたいです。

【無料】「社員に任せて年商1億円アップした3つの方法」小冊子プレゼント

【無料】「社員に任せて年商1億円アップした3つの方法」小冊子プレゼント

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

御社の現状は、いかがでしょうか?

社員に任せてグングン伸びる組織づくり、お手伝いさせてください。

一緒に、社員に任せてグングン伸びる組織をつくりませんか?

社員に任せてグングン伸びる組織のお試し相談を申し込んでみる

本日の問いかけ社員さんに積極的に力を発揮してもらうために、何をしてみましょうか?

・年商1億円アップ、お客様数2倍
・1ヶ月に10件あったクレームが314日間0件

こんな結果が手に入る「ワクワク働きたい組織づくり」の秘訣とは?

貴社が抱える問題の「真の原因」と解決策を明らかにしたい方は、
今すぐ、こちらから、お問い合わせください。
1on1セミナーやってます。


大図美由紀フェイスブック
(お気軽にフォローください)

このブログをメルマガでも
お届けしています。
ご希望の方は、
下記フォームよりご登録ください^ ^

ワクワク働きたい組織づくりのヒントをお届け!









一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.
大図 美由紀

大図 美由紀

次のステージに向け、チャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまと、「人がやりがいを持って、イキイキと働ける。そして、仲間と協力しながら、素晴らしい価値を世の中に提供していく」、そんな仕組みと組織を創っていくことを、一緒に取り組んでいます。

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加