次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

本末転倒な「働き方改革」?

2018.12.09 by 大図 美由紀

【day314】

こんにちは!

ワクワク働いて、
生産性を向上させる組織の専門家、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

さて、「働き方改革」は、
2019年4月より、罰則つき残業規制
がスタートということもあり、
企業さまにとって、急ぎ対応すべき
課題の1つになっているかと、思い
ます。

余裕で、「気にする必要がない。」と
言える企業は、なかなかいらっしゃ
らないですよね。

そうは言っても、知り合いから、
「残業時間さえ減らせば」と
本末転倒のおかしなことになって
いる話を聞きました。

「働き方改革」へ大きなインパクト
を与えた某事件の当事者である、
〇通の社員さんのお話です。

お仕事が、とーーーっても忙しい
そうなんですが、
「働き方改革」で、残業時間を
減らさなければならない。

でも、仕事量は減らない。

会社で仕事が可能な時間内に、
仕事が終わらない。

結果、終わらない分を、家に持ち帰
って、仕事をしているそうです。

モチロン、残業代は出ません。

知り合いにしてみると、
「以前の方が、まだマシ。」
だそうです。

一社員だけ(当事者の内、1人だけ。
一方だけ)の発言で、全てを判断
することはできません。

しかし、課題解決の進め方が、
おかしなことになっているように、
感じますよね。

「働き方改革」は、何のためなのか?

誰がどうなることが、
理想の状態なのか?

完全に見失っていますよね。

課題を解決するどころか、むしろ、
課題が闇の中へいってしまいそうな、
弱者の負担が大きくなってしまいそ
うな、逆行さえしているように感じ
ます。

表面的に見えていることや、目先の
結果だけ、追おうとすると、そうな
りがちです。

「政府の政策は、実態を分かってな
いから、困ったもんだ。」なんて、
言いたくもなります。

しかし、「働き方改革」に限らず、
御社でも、表出している問題だけ扱
おうとしたり、目先の結果だけ何と
かしようとしていること、ないでし
ょうか?

そのような進め方ですと、根本的な
解決にならず、繰り返し、問題が発
生する可能性が高いです。

当社が取り入れている、アドラー心
理学ベースのコーチングでは、課題
解決は、次のステップで、進めてい
きます。

1. 現状把握
2. 理想の状態の明確化
3. 本質的な課題の明確化
4. 目標設定
5. アクションプラン策定

そして、ステップを進めている途中
で、分からなくなった、困ったこと
が起こった、違和感を感じる時は、
もう一度、前のステップに戻って、
考え直します。

御社の課題解決の進め方、振り返ら
れてみてくださいね。

本日の問いかけ:
現在、抱えていらっしゃる課題、
どのように進められていますか?

理想に向かって、仲間と一緒に、
ワクワク進む、幸せな組織創り、
応援しています\(^o^)/

追伸:週末は、「仕事も遊びも本気!」
が合言葉のみなさまと、琵琶湖で船を
貸し切って、忘年会でした。

何事も、楽しみながら、本質を大事に、
全力で取り組んでいきたいです☆

疑問質問、ご相談がございましたら、
お気軽に、お問い合わせ下さい(*^_^*)
感想も、お待ちしております♪♪

このブログをメルマガでも
お届けしています。
ご希望の方は、
下記フォームよりご登録ください^ ^

ワクワク働きたい組織づくりのヒントをお届け!









お問い合わせ

お問い合わせ

一覧に戻る
The following two tabs change content below.
大図 美由紀

大図 美由紀

次のステージに向け、チャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまと、「人がやりがいを持って、イキイキと働ける。そして、仲間と協力しながら、素晴らしい価値を世の中に提供していく」、そんな仕組みと組織を創っていくことを、一緒に取り組んでいます。

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加