次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

チャレンジできる社員を育てるには@こんな夜更けにバナナかよ

2019.01.03 by 大図 美由紀

【day340】

こんにちは!

ワクワク働いて、
生産性を向上させる組織の専門家、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

昨日は、映画「こんな夜更けにバナ
ナかよ」を観に行ってきました。

全身の筋力が徐々に衰えていく、筋
ジストロフィーという難病を、かか
える鹿野靖明さんと、彼の自立生活
を24時間体制で支えるボランティア
さんたちの交流を、実話を元に描いた
映画です。

メインキャスト3人の演技が、
光ってました。

主役を演じた大泉洋さんは、鹿野さ
んになりきるため、体重を10キロ
落としただけでなく、ナント、コン
タクトで視力を落としてから、メガ
ネをかけて、役作りをしたそうです。

すごいプロフェッショナリズムです。

メインキャスト2人目は、
先生に憧れるも、教育学部を落ちて、
フリーターをする若い女性。

3人目は、医者で、病院を経営する
厳格な父親を持ち、後を継ぐことを
期待され、医者を目指すも、自信が
持てず、将来に迷う医学生。

主役の鹿野さんは、筋ジスで、身体
を動かすことも、後半は、息をする
ことすら、自力でままならなってい
きます。

しかし、彼は、夢をあきらめません。

身体が不自由な鹿野さんより、
自分がやりたいことを、やりたいと
言えない、若い2人の方が、人生に
不自由しているように見えました。

身体が不自由であることは、不便で、
生きづらさは、モチロンあると思い
ますが、それよりも、心が不自由な
方が、生きづらい。

若い2人の心が、不自由な理由は、
「病院を継ぐように」という親が敷
いたレールだったり、過去の失敗体
験により、再チャレンジができなく
なっていたり。

そんな2人も、鹿野さんとの交流か
ら、もう一度、夢に向かって、チャ
レンジしていくようになります。

それは、鹿野さんが、先生になる方
法を教えたからでも、医者になる方
法を教えたからでもありません。

「チャレンジしようとする、
あなたの足を、一番、引っ張るのは、
誰ですか?」
という問いがあります。

誰だと思いますか?

 

 

答えは、他の誰でもない、あなた。
過去の、今までの、自分です。

ですので、人の成長を促進させたい
と思ったら、やりたいことは、
「自分が、自分の人生の主人公で
あることを、思い出させていく
関わり」です。

アドラー心理学では、それを、
「勇気づける」と言っています。

映画で、若い2人が、チャレンジ
できる自分になっていったのは、

鹿野さんが、諦めずに、夢を追いか
け続ける姿を見せ続けるからであり、
「やったら、いいじゃん。何度だって、
できるまでやったらいいよ。
○○ちゃんなら、やれるよ。」って、
背中を押したからです。

ぜひ、社員さんを、たくさん勇気
づけて頂きたいです。

——————–

本日の問いかけ:
どのように社員さんを、
勇気づけましょうか?

——————–

理想に向かって、仲間と一緒に、
ワクワク進む、幸せな組織創り、
応援しています\(^o^)/

疑問質問、ご相談がございましたら、
お気軽に、お問い合わせ下さい(*^_^*)
感想も、お待ちしております♪♪

このブログをメルマガでも
お届けしています。
ご希望の方は、
下記フォームよりご登録ください^ ^

ワクワク働きたい組織づくりのヒントをお届け!









お問い合わせ

お問い合わせ

一覧に戻る
The following two tabs change content below.
大図 美由紀

大図 美由紀

次のステージに向け、チャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまと、「人がやりがいを持って、イキイキと働ける。そして、仲間と協力しながら、素晴らしい価値を世の中に提供していく」、そんな仕組みと組織を創っていくことを、一緒に取り組んでいます。

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加