次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

アマゾン社員の顧客データ横流し。なぜ起こるのか?

2018.09.17 by 大図 美由紀

こんにちは!
ワクワク働いて、
生産性を向上させる組織の専門家、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

さて、米アマゾン・ドットコムが、
自社の社員が、秘密の顧客データを
外部に売り渡している疑惑について、
社内で調査を進めているそうです。

同社の規則に違反する行為で、
特に中国で横行しているようです。

以前、証券システムのベンチャー企業に
勤めていた時、社員は、日本人だけでなく
インド、中国、韓国、ドイツなど、
いろんな国の出身者が、いました。

ある時、ある中国人の同僚が、
ネット上から、違法ソフトウェアを、
自分のPCに、ダウンロードする
ということが起こりました。

彼は、優秀で、仕事を熱心にするし、
人柄も素直で、周りの仲間に、
かわいがられるような存在でした。

当時、管理部門だった私は、彼に、

大図
それは、違法のダウンロードだから、今すぐ削除して、今後は、違法ダウンロードはしないでね。

と伝えました。

すると、彼は、

同僚
どうして?みんな、やってるよ。

と、純粋に、不思議そうな顔で、
質問してきました。

「みんな」というのは、
「中国では」の意味で、
中国では、当たり前のようなのです。

「常識って、生まれ育った環境によって、
本当に、違うんだな。

今回のことは、決して、
彼が悪いというのではない。
会社のルールが、甘かったということ。

ルールを明確にして、しっかり伝え、
順守を徹底せねば!」
と感じた出来事でした。

常識は、相手が、いわゆる、
いい人か、悪い人かは、
関係ないのです。

だからこそ、社内のルールを明確にして、
伝える必要があります。

社員を守るためにも。

コーチングの師匠、平本あきおさんに、
教えて頂いた考え方で、
「信じて、期待しない。」
というのがあります。

どういうことかと言いますと、
「信じて」は、
相手の可能性を信じること。

「あなたは、素晴らしい存在で、
可能性に、満ちている。
もっともっと成長することができる。」

「期待しない」は、
人は、いつでも聖人君主な訳ではない
ということです。

弱さや、邪な心もあるのが、人間です。

平本さんは、
「世の中、いい人ばかりと言っても、
あなたは、お財布を、公園に、
置きっぱなしにしますか?

しないですよね?」
とおっしゃっていました。

人には、陰の部分も、陽の部分も
あります。
強さも、弱さもあります。

どんな時でも、社員さんが、
余計なことに、気を取られず、
安心して、業務に取り組めるように、

お互いに、悲しい想いをすることが、
ないように、

さぼらせない、不正を起こさせない
ルールや仕組み、環境を、
整えていきたいですね。

本日の問いかけ:社員さんが、いつでも、
安心安全に、仕事に取り組めるよう、
何をしましょうか?

理想に向かって、仲間と一緒に、
ワクワク進む、幸せな組織創り、
応援しています\(^o^)/

追伸:amazonさん、
よく利用させて頂いてます。
今回の調査と、今後の改善に向けた
取り組みが、上手くいきますよう、
応援しています。

疑問質問、ご相談がございましたら、
お気軽に、お問い合わせ下さい(*^_^*)
感想も、お待ちしております♪♪

このブログをメルマガでも
お届けしています。
ご希望の方は、
下記フォームよりご登録ください^ ^

ワクワク働きたい組織づくりのヒントをお届け!









一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.
大図 美由紀

大図 美由紀

次のステージに向け、チャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまと、「人がやりがいを持って、イキイキと働ける。そして、仲間と協力しながら、素晴らしい価値を世の中に提供していく」、そんな仕組みと組織を創っていくことを、一緒に取り組んでいます。

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加