次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

連携力と社員育成のスピードがアップする考え方@全銀システム障害

2023.10.12 by 大図美由紀

【day2083】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読みいただき、
ありがとうございます。

昨日、「全国銀行データ通信システム(全銀システム)」の送金障害が無事に復旧しましたね。

10日朝に障害が発生して、12日朝に復旧ですので、丸2日。

全銀システムは1日平均13兆円の取引が行われている社会インフラです。

障害対応の現場は、かなりな修羅場だったのではないでしょうか。

私は、昔、証券システムの会社に勤めていました。

システム障害が発生すると、社内がピリピリした戦場になっていたことを思い出します。

社会インフラのような「ちゃんと機能していて、できていて、当たり前」な業界で働く人たちに、得意な思考パターンがあります。

それは、「原因論」という物事の捉え方です。

原因論は、「何が悪いんだろう?」「なぜ、出来なかったのか?」と、過去の原因や出来ない理由にフォーカスする捉え方です。

トラブル対応などには、必要な思考パターンです。

私が、サポートする会社は、医療や建設・建築業界などが多いです。

病院では、正しい医療サービスが提供されて、当たり前。

ミスや事故でも起ころうものなら、患者さんが命の危険にさらされることだって、あり得ます。

建設・建築のお仕事も、正しい設計や組み立てがなされて、当たり前。

万が一、設計にミスがあれば、大事故にもなりえますし、現場でも、作業ミスがあれば、命を落とすことだって、ありえます。

原因論の思考パターンを使われる方が多いです。

ただし、この原因論を、人間関係や人材育成にも使うのは、要注意です。

人間関係がギスギスして上手くいかなくなったり、社員さんが勇気をくじかれて育たなくなってしまうことが、起こってきます。

実は、物事の捉え方には、「原因論」「目的論」の2種類があります。

目的論は、「どうなったらいいのか?」未来や理想の姿、「既に出来ていること」にフォーカスする捉え方です。

五感思考マネジメントでは、「目的論」で、人間関係の改善や人材育成を行っています。

例えば、

・社内の人間関係が悪く、不満や悪口ばかり言っている。

・みんなの意見が食い違って、なかなか意見が一致しない。

そんな時、原因論の「何が悪いんだろう?」「誰が悪いんだろう?」では、さらに、雰囲気が悪くなって、前に進まなそうですよね。

そこで、目的論を使います。

「本当はどうなったらいいんだろう?」と理想を起点に話を進めたり、「どんな時はできていただろうか?」とアイディア出しをしていくと、前向きな気持ちで、纏まりやすくなるんです。

みずほで障害が繰り返されてしまうのも、原因論が人間関係や人材育成で使われて、連携が上手くいかない、人材が育たない、根本的な解決のアイディアが実践されないなどが、起こっているのかもしれませんね。

人間関係を改善し社内連携をアップさせ、人が育つ、目的論の考え方、ぜひ、試してみてください。

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

本日のチャレンジ課題目的論で考えてみましょう

一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加