次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

部下指導が楽しくなる秘訣とは?

2023.04.04 by 大図美由紀

【day1893】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読みいただき、
ありがとうございます。

先日、クライアントさまの会社で新任の管理職向けに研修を行いました。

テーマは、部下指導です。

管理職になる前後で大きく変わる仕事は、部下指導。

プレイヤーとしてどれだけ素晴らしい成果を上げていたとしても、管理職になり部下指導で四苦八苦される方は多いです。

プレイヤーとしてどれだけ経験を積んでいても、管理職としては新米さんですからね。

本業の業務が「楽しい!」という方は多くても、部下指導も「楽しみ!やりたい!」という人ばかりではありません。

部下指導に対して戸惑いがあって、当然です。

管理職研修では、参加者の方にとっては、今までやったことのないコミュニケーション(部下への関わり方)を学ぶことになります。

参加者からは、

「このやり方なら、部下を無理やりやらせるのではなく、気持ちよく動いてもらえそうです!早くやってみたいです!」

「とても楽しかったです。管理職になって部下指導については憂鬱な気持ちもあったけれど、考え方を学んだことで、楽しくできそうです」

といった感想をいただきます。

一方で、中には、

「研修の中で練習をしてみて、今は上手くいきそうな気がするけど、実際に、部下にやってみたら、上手くいくかどうか不安です。」

という方もいらっしゃいます。

私のクライアントさんには、医療や建設業界など、ちょっとでも間違ったら、人の命にかかわるようなお仕事をされていらっしゃる方も、多いです。

ですので、「正確にやらなくちゃ」「間違ってはダメ」という考え方が強い方も、多いんですね。

そこで、私がよくさせていただくのが、赤ちゃんの話です。

一度も転ばずに、歩けるようになる赤ちゃんはいません。

何度も転んで、どういうバランスだったら転ばずに立てるか、どういう風に足を運んだら、転ばずに上手く歩けるか。

それらを経験の中から学んで、歩けるようになっていきます。

大けがをするような転び方は避けたいですが、小さくたくさん転んだらいいんです。

部下指導も同じです。

一発で決めなくてもいいんです。

1回の関わりのみで終了ではありません。

何度でも良さそうだと思う方法を試してみたらいいんです。

今日やった一手がイマイチだったら、明日、違う一手をやってみたらいいんです。

何度でも、やり直せばいいんです。

私は、よく「実験」という言葉を使います。

「実験だと思って、いろいろ試してみてください」と。

モチロン、「この関わり方をしたら、相手はどんな反応をするかな」と、事前のシミュレーションはしてほしいです。

とは言え、実際に、相手がどんな反応をするかはやってみないと分かりません。

「研修でお伝えすることは、今までやったことのない新しいコミュニケーションです。

ですので、実験だと思って、イロイロ試してみてください。」と。

すると、多くの方がチャレンジしてくださいます。

有名な話ですのでご存知の方も多いと思いますが、エジソンは電球を発明するまで1万回の失敗をしたそうです。

しかし、エジソンは失敗とは言いませんでした。

「私は失敗したことがない。

ただ、1万通りのうまく行かない方法を見つけただけだ。」

本業では何回でもチャレンジできるのに、部下とのコミュニケーションにおいては臆病になってしまう方、今までのやり方にこだわってしまう方も多いです。

大抵の場合、1万通りもやらなくても、上手くいきます。

「実験」と思えば、気が軽くなりますよね。

ドンドン「実験」して、部下とコミュニケーションをたくさんとって、共に成長する楽しさを味わってみてください。

そのうちに、素晴らしい管理職になってますからね。

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

本日の問いかけ本日は、どんなコミュニケーション実験をしてみましょうか?

一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加