次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

いい不安とダメな不安@攻めの経営をするために

2021.10.21 by 大図美由紀

【day1360】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き
ありがとうございます。

コロナの感染者数も減り、時短要請もいよいよ解除の方向で調整されていますね。

「10月に入って、仕事がぐっと戻ってきました」なんて話も、チラホラ聞きます。

世の中の雰囲気が、自粛から経済を回す方向に変わってきていますね。

当社のクライアントさんたちも、攻めていらっしゃる方、多いです。

先日、クライアントさんのお一人と、新しいチャレンジについてお話した後、こんな会話をしました。

大図
本当に素晴らしいです!
社長
やっぱり不安もありますよー
大図
そりゃそうですよね。ヒリヒリしちゃいますよね。それは、コンフォートゾーン(既存の快適な場所)を超えてチャレンジされている証拠です
大図
それに、不安と言うか、危機感があるということですから。最終責任者である経営者には必要なことです。

そうなんですよ!

経営者にとって、危機感があるって、素晴らしいことなんです。

たくさんの経営者を見てきてましたが、ある種の慎重さがあり、健康的な危機感を感じられる方が、経営者に向いていると思います。

リスクをしっかり捉えられる方の方が、対策を立てられるからですね。

ただ、不安感にかられてしまうと、進められることも進められず、決められることも決められなくなってしまいます。

なので、危機感はOK。不安感はNG。

ここで、危機感と不安感の違いは、何だと思いますか?

私は、気になることの正体を捉えている時は、危機感

不安になっているけど、その理由が、漠然としている時は、不安感

と定義しています。

ですので、「自分は今、不安なのかも」と思った時に、やっていただきたいことは、「不安の根っこは何だろう?」と具体的にしていくこと。

「そんなん、モチロン、経営が上手くいかなかったら、どうしようってことだよ!継続できるかどうかってことだよ!」

という声もいただきそうです。

モチロン、そうかと思いますが、その中でもその不安を感じさせているものがあるはずです。

例えば、

・資金繰りのこと?

・後継者がいないこと?

・新しい事業が上手くいかないのではと思っているのか?

・自分の体力や健康のことか?

などなど。

もしくは、その不安を感じるきっかけになったことでも、OKです。

例えば、

・ある社員さんの発言から、今まで繰り返し伝えていたことが、伝わってないなーと思ってしまった。

・社員さんがズルをしていた。

・先代社長と自分の意見が分かれて、先代からダメ出しをされた。

・長い取引先との契約が終わった。

・同業者の廃業を聞いた。

などなど。

不安感の元となっているものが分かれば、対策が立てられるようになります。

やり方としては、頭で考えるだけでなく、片っ端からフセンに書き出して、見える化することを、オススメします。

頭の中のごちゃごちゃしているものから、客観的に扱えるものになります。

そうしたら、優先順位の高いものから、それぞれ「どうなったらいいのか?」理想を描き、1つ1つ対策を立てていくだけです!

経営は、嬉しいことばかりでなく、辛く感じることも多いかと思いますが、他の誰でもなくあなただから、今の役割が与えられているんですよ。

世の中の変化が激しいだからこそ、あなたと御社にとって、いい選択といいチャレンジができますこと、応援しています。

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

本日の問いかけあなたが感じている不安の元はなんでしょう?
一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加