次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

下手なのに18年もフラメンコを続けられる理由

2021.09.28 by 大図美由紀

【day1337】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き
ありがとうございます。

私、運動オンチ&音楽オンチながら、フラメンコを続けて18年目になります。

18年やっても、分からないことだらけですが、できることも少しずつ増えているでしょうか。

最近、大師匠の小島章司先生が、しばしばレッスンを覗きにいらしてくださり、とても嬉しいです。

小島先生に直接ご指導いただくには、上級のクラスに上がらないとなのですが、私はまだ中級どまりなのです。

小島先生は、明後日の10月1日で82歳。

現在も、現役バリバリ、世界トップクラスのダンサーです。

小島先生の踊りは、ホント、神です。

下手の横好きながら私がフラメンコを続けることができているのは、小島先生の考え方を尊敬しているからです。

うちのスタジオでは、同じ曲の踊りでも、腕の動かし方や足のステップなどの振りつけが、各インストラクターによってバラバラです。

各インストラクターから教えていただく振りつけが違うので、生徒が振りつけを覚えるにあたっては、混乱しがちです。

ですので、「振りつけを統一してほしい」という意見が度々でます。

私も器用ではないので、ご多分にもれず、四苦八苦しながら、振りつけを覚えています。

ちなみに、他のお教室では、大抵、踊り方は統一されているものだそうです。

ところが、小島先生は、「1人1人身体が違うし、1人1人、人生が違うんだから、違う踊りでいいじゃないか」とおっしゃるんですね!

ステキ過ぎます。

ホレます。ホントに。

この「誰1人として同じ人間はいない」「みんな違って、みんないい」は分かってるつもりで、日常のコミュニケーションの中での実践は、なかなか難しいものですよね。

以前、顧問先さまの新米リーダーから、スタートしたばかりのあるプロジェクトについて、相談を受けました。

リーダー
会議で、みんなの意見が全く違って、全然纏まらないんです。仲良くしてくれたらいいのに。

それぞれどんな意見が出て、どういう状況ないのか、もう少し詳しく聞いていきました。

どうやら、各メンバーが、それぞれの部署の立場で思うところを言っているようです。

客観的に聞くと、それぞれの立場から、それぞれ違う要望が出ているのは当たり前かなということばかりでした。

そこで、

大図
みなさん、思うところを率直に言って下さっているように感じます。決して、仲が悪いからということではないと思いますよ。むしろ、意見が言いやすい場が、できているということですね。
大図
なので、意見を集約していけるように、会議の進行を整えれば、上手くまとまっていくと思いますよ。

とお答えしました。

そして、問題を解決するための、いくつかの会議進行ポイントをお伝えさせていただきました。

リーダー
仲が悪いのではなくて、自分の仕切りの問題でしたか。何とかなりそうな気がしてきました!準備して、やってみます!

とおっしゃってくださいました。

その後、

リーダー
大図さんに教えてもらったとおりやったら、上手くいきました!ありがとうございました!

とご報告をいただきました。

人は、1人1人違う。それが、当たり前。

最初から同じ意見しか出ないのは、むしろ、危険な状態です。

ファシズムのように、何らか洗脳されているのかもしれません。笑

違う意見が出るのは、仲が悪いからではありません。

違う意見が出るのは、多様性があり、素晴らしいことです!

その多様性を上手く活かして、いい結論を導けるかは、会議の進め方次第です。

社員1人1人を生かした最高の決断をしていきたいですね。

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

本日の問いかけ社員の多様性を生かした最高の決断をするために、何をしてみましょうか?

一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加