次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

腹落ちする決断のための3つのポイント

2021.09.23 by 大図美由紀

【day1332】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き
ありがとうございます。

緊急事態宣言は、今月末で解除でしょうか。

心の叫び的には、早く終わってほしい!

もう十分!

マスクなしで、会話したい!のびのび遊びに行きたい!

今週はシルバーウィークで、人流が増えているように感じますが、公表される感染者数は減ってますね。

どういうことなんでしょうか?

緊急事態宣言が明けても、まだ気をつけながらでしょうが、少しずつ収束に向かってほしいものです。

この1年半、コロナ禍で経営環境が大きく変わっていますから、初めての事態で決断しなければならないこと、たくさんありましたよね。

少し前にも、クライアントさんの事業の相談にのっていました。

そして、クライアントさんは、1つの決断をくだされました。

今まで思い入れがあって推進してきた事業の1つを、手放す決断です。

自社ではこれ以上伸ばしていくのが難しく、他者に任せた方が上手くいくだろうと判断したからです。

そして、他の事業に注力した方が、会社全体として、上手くいくだろうという判断したからです。

決断された後、スッキリした顔をされていらっしゃいました。

社長
最近、迷いながら進めていたから、腹が決まってスッキリしました。最後まで、しっかりやりきります。
社長
一番いい決断ができて、未来にワクワクしてきました!ありがとうございます!

コーチングは、クライアントさんが、自分の力で決めて進むことを支援します。

ご本人が、あらゆる可能性をとことんシミュレーションすることを、お手伝いさせていただくんですね。

まずは、迷っていることがあったら、選択肢1つ1つを選んだ未来をシミュレーションします。

A案を選んだら、どうなる?

B案を選んだら、どうなる?

C案を選んだら、どうなる?

1人で考えていると、「A案は○○がいいけど、△△はダメ。B案は時間がかかるなー」など、グルグルとごちゃ混ぜのまま迷いがちです。

ところが、五感思考マネジメントでは、それぞれの選択肢を選んだ未来を、フセンや紙やイスなどで見える化して、シミュレーションするので、しっかりシミュレーションができます。

次に、それぞれの選択肢で、1年後、3年後、5年後、どうなっているか?をシミュレーションします。

1人で考えていると、自分の目線だけでシミュレーションし、視野が狭くなりがちです。

そこで、目線を切り替えてのシミュレーションもします。

例えば、A案を選んだ時の1年後。

お客さまD社から見たら?

ビジネスパートナーE社から見たら?

競合F社から見たら?

メンターGさんから見たら?

1人で頭の中だでけで考えていると、自分の思いが混じったりして、他者目線や客観的なシミュレーションがしにくいです。

そこで、他者視点でのシミュレーションも、フセンや紙やイスなどで見える化して、物理的な位置で視点を変えて行います。

誰かからアドバイスを受けたから「やる」のでなく、自分であらゆる角度からシミュレーションして出した結論は、みなさん、清々しい顔をされます。

五感思考マネジメントを活用して、スッキリする決断を積み重ねられる人を増やしたいです。

さて、今日は、個別相談と企業研修。

みなさまの働くワクワク度が上がるよう、精一杯、サポートしてきます!

とても楽しみです!!!

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

本日の問いかけ今迷っていること、どのように検討しましょうか?

一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加