次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

上司を飛ばして部下へ指示を出すと上司は仕事をしなくなる

2021.09.21 by 大図美由紀

【day1330】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き
ありがとうございます。

ここのところ、

社長
部長が部下に仕事をちゃんとさせないから、結局、自分が部下に直接指示出しすることになる。部長には、ホントに困ったもんだ。

というご相談を立て続けに受けました。

これ、要注意です。

組織の中での役割は、個人ではなく役職に紐づいているべきである」んですね。

部下に仕事をさせるのは、部長の役割です。

社長が、部長を飛ばして部下に指示を出してしまうことは、社長が部長の役割を奪っていることになります。

これを続けていくと、

・部長は「自分は部下への指示出しを求められていない」「自分は部下育成の能力がない」と思いますので、ますます部下に指示を出したり、部下を育てることを、やらなくなります。

・部下は、社長と部長の両方が直属の上司になり、どちらの指示に従ったらいいか分からず混乱します。また、社長と部長を比べたら、通常は、上位である社長の言うことを聞きます。ですので、部長の言うことをますます聞かなくなります。

・社長・部長・部下以外の周りからすると、「社長は部長が部長の役割を全うしていないことを容認している」と思ってしまいます。

部長に変わって社長が部下に指示を出すことは弊害だらけで、いいことは1つもありません。

目先のことだけ考えたら、社長から部下に直接指示を出した方が、早いし確実なのは、分かります。

また、部長が上手く部下に指示を出せないことに対してイライラしたり、仕事が進まずヤキモキしたりするのも、とてもよく分かります。

しかし、それでは、部長が部長として育たなくなってしまいます。

社長が、部長の成長を止めている、ということになってしまいます。

ここは、「部長を育てるのが自分の役割」と腹をくくりましょう。

さもなければ、あなた自身が組織を機能させなくしてしまいます。

それは、避けたいですよね。

御社の現状は、いかがでしょうか?

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

本日の問いかけ組織の中での役割を役職に紐づけるために、何をしましょうか?

一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加