次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

人生は65歳から!

2021.04.11 by 大図美由紀

【day1168】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

ネットニュースを見ていたら、こちらの記事に「あっ!」と目を止めてしまいました。

日本最高齢インストラクターは90歳・瀧島未香「65歳の時のジム体験がすべてのはじまりだった」

なぜなら、趣味で通うフラメンコのスタジオに彼女の写真が貼ってあるんですよ。

こちらの写真です。

90歳で、この筋肉と柔軟性は、スゴイ!

このポーズなんて、特にスゴイ!

私、ここまでの開脚できないです。

若い時から身体を動かしていた人かと思っていたら、違うんですね!

65歳の時に、家族から「太った」と言われて、ジム通いを始めたそうです。

65歳のスタートでも、90歳になっても、メンテナンス次第で、ここまでなれるんですね!

勇気をもらいます。

よく、経営者から、

社長
年配層が、新しいことにチャレンジしてくれない。やる気を出させるには、どうしたらいいんでしょうかね?

というご相談を受けます。

そうですね。年を重ねるほど、新しいことにチャレンジしにくくなる傾向はあります。

人は、人生の中でここまで経験してきたことから、思考パターンや行動パターンを作っていきます。

そして、慣れたパターンを維持しようとするんです。

人は、新しいことをやってみた方がいいと、頭で理解しても、このままだとマズイと思っていても、本能で変化を嫌い、現状を維持しようとするんです。

これを、ホメオスタシスと言います。

これは、私にも、あなたにも、誰にでもあります。

しかし、私のコーチングのベースになっているアドラー心理学のアドラーによると、「性格は、死ぬ1~2日前まで変えられる」と言います。

さらに、私は、人が、希望や情熱を持ち、自分の人生を充実させようとする気持ちは、亡くなる直前まで持てるのではと思っています。

ですので、60歳前後で、お仕事をできるほどお元気な方であれば、希望に目を輝かせる、情熱で心を熱くするというのは、可能です。

実際、クライアントさま先で、新しいことにチャレンジをしないというご年配の社員とお話をしますと、そうなります。

ぜひ、諦めずに聞いてほしいんです。

彼らの夢や大事にしたいことを。

人生100年時代ですし、まだまだ可能性いっぱいです。

自分ではなかなか上手く引き出せないなーと思ったら、いつでもご相談ください。

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

本日の問いかけどのように、年配社員の可能性を広げていきましょうか?
一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加