次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

残念な誕生日?

2021.03.30 by 大図美由紀

【day1155】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

数日経ってしまいましたが、3月25日は私の誕生日でした。

たくさんの心温まる&励まされるお祝いメッセージをいただきまして、ありがとうございます!!

本当に感謝&感激です。

ここ数日いっぱいいっぱいで、お返事できておらず、恐縮です。

もう少々気長にお待ちいただけましたら、幸いです。

旦那さまが、「誕生日お祝いに、日曜日に、サファリパークに行こう!」と提案してくれていました。

会社の同僚から「サファリパーク、いいよー」と聞いたそうです。

旦那さまは、日曜日をお休みで会社に申請。(旦那さまの会社は、週末も出社が多々あります)

ところが、あいにくの雨。

延期することにしました。

すると、旦那さまが「土曜日をお休み申請すれば、良かった」と残念がってくれました。(土曜日は、晴れてポカポカ陽気でした)

もうこの気持ちだけで、感動。

私以上に私の誕生日を大事に思ってくれる人がいる。

居場所があるってこんな気持ちですよね。

私のコーチングのベースとなっているアドラー心理学では、この「居場所がある」という感覚を共同体感覚と呼んでいます。

共同体感覚は、アドラー心理学で一番大事にしていることです。

共同体感覚とは、居場所があるという感覚、ここにいていいんだという感覚、仲間がいるという感覚です。

所属感や仲間感、繋がりの感覚に近いでしょうか。

共同体感覚が持てる相手や場所では、人は幸せを感じます。

自分に自信が持てるし、相手を信頼できるし、貢献したい気持ちが上がります。

逆に、共同体感覚が薄い相手や場所では、不安から不満や不平が生まれやすく、敵対関係も増え、他人事になって関心が薄くなります。

ですので、社員さんが共同体感覚が持てる会社になれば、社員さんは、やりがいをもち、パフォーマンスを発揮したり、協力し合って進めるようになります。

クライアント企業さまでは、コーチング的な対話を通じて、共同体感覚を増やしていきます。

すると、今まで、くさって上手く力を発揮できていなかった社員さんたちが、力を発揮できるようになる。

反発し合っていた同士が、協力し合えるようになっていきます。

昨日も、

社長
コーチングを取り入れて、社員たちが自主的な発言や行動をするようになりました。

とおっしゃっていただきました。

あなたにとってはモチロン、社員さんたちにとっても、会社を「居場所」にしていきたいですね。

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

本日の問いかけ居場所になるため、何をしてみましょうか?

追伸1:ぶっちゃけ、日曜が雨だったおかげで、私は動画撮影をやり切れました。感謝。

追伸2:そして、ディナーを、旦那さまにゴチそうしてもらいましたー!感謝。

一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加