次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

イライラを成仏させる方法TOP5その3

2021.03.25 by 大図美由紀

【day1151】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

年度末、納期が迫ったり、仕事が立て込んでくると、余裕がなくなりがちですよね。

いつもより、イライラすることが、増えていませんか?

先日、ある経営者の方は、

社長
社員にイライラして、しょうがない!社員に全然やる気が見えない。先日も、何度言っても同じ間違いをするので、つい怒鳴ってしまいました。

とおっしゃっていました。

根本的な解決策を見つけたいところですが、しかし、イライラしたままですと、あまりいい解決策が見つからなそうですよね。

自分がいい状態でいるから、いい解決策が見つかる。

本日も、昨日、一昨日に引き続き、イライラする気持ちとどう付き合えばいいか、5つの対応策をご紹介させていただきます。

昨日、一昨日の記事は、こちら。

イライラを成仏させる方法TOP5

イライラを成仏させる方法TOP5その2

4つ目は、ネガティブな感情をモチベーションのタネにする、です。

モチベーションの素は、2種類あります。

ポジティブな感情からくるパターンと、ネガティブな感情からくるパターン、です。

ポジティブな感情からくるパターンを、「快追求型」と言います。

素晴らしいことが待っている、これがやれたらとっても嬉しいなどが実現出来ると思うと、頑張れるパターンです。

一方、ネガティブな感情からくるパターンを、「苦痛回避型」と言います。

辛い、大変な経験をしたくないから、それらを避けるために頑張れるというパターンです。

「快追求」で、モチベーションを上げようと思ったら、
・これをやったら、昇格昇給が待ってるよ。
・これが出来たら、褒めてもらえる。
・これを実現したら、お客様の○○さんが、喜んでくれるに違いない。
と伝えていく。

「苦痛回避」で、モチベーションを上げようと思ったら、
・これがやれなかったら、降格降給にするぞ。
・これが失敗したら、怒られる。
・これが、お客様に迷惑をかけて、クレームがくるかも。
とハッパをかけていくと、いいです。

例えば、社員さんが、何度言っても同じ間違いをするので、イラっとしてしまった。

これでモチベーションを上げようと思ったら、「苦痛回避」が適用できます。

”こんな感情を二度と味わいたくないから”、
・人に仕事をお願いする場合には、丁寧な説明をしよう。
・社員さんが出来ることから、ステップを踏んで、仕事をお願いするようにしよう。
・日頃から、信頼関係をもっと築いておかないといけないな。
・もっと尊敬される上司でいよう。
と考えられますね。

イラっとした感情を、無駄にせず、自分を奮起させる材料にしてしまうんです。

ちなみに、「快追求」「苦痛回避」は、人によって得意なパターンが違ったり、同じ人でも対象・案件によって違います。

これは、自分にも相手にも使えます。

自分や相手のモチベーションが、どちらのパターンで上がるのか、確認しながら、関わってみるのも、オススメです。

このパターン分けは、メタプログラム(思考のクセをパターン分けしたもの)と言って、たくさんの種類があります。

また別の機会に、ご紹介出来たらと思います。

私は、メタプログラムと出会ったことで、人の思考パターンは、自分と違うんだなと、だから、その人に応じた対応が必要なのだと、まざまざと実感しました。

また長くなってきましたので、つづきは明日に。

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

本日の問いかけ自分や社員のモチベーションを上げるために、何をしましょうか?
一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加