次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

ワクワクする次年度方針の決め方は?

2021.02.28 by 大図美由紀

【day1126】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

本日、緊急事態宣言が、6府県で解除ですね。

首都圏の1都3県も、早く解除できる状態になってほしいです。

コロナ禍のこの1年は、オンライン相談が増えました。

昨日も、クライアントさんとzoom相談。

継続のサポートでは、毎回、近況を伺うところから始めます。

大図
最近、どうですか?

すると、

社長
イヤー、なかなか人って成長しないですね。てんてこ舞いです。

と渋そうな顔で、ため息交じりからのスタートでした。

拠点が増え、人が増え、そのまま繁忙期に突入で、大忙しなんです。

現在、仕事があるとは言え、コロナ禍により、今後も仕事が続くは分からない。

心配ごとも、たくさんです。

大図
今日は、何について話しましょうか?

と扱うテーマを伺うと、

社長
来期の方針決めをしたいです。

とのこと。

来期の方針を決めるに当たっては、今期を振り返って決めていきます。

社長
今期はコロナ禍で、ホントに大変だった

という一言から、振り返りがスタート。

大変だったこと、良かったこと、チャレンジしたこと、出来事と気持ちを交えながら、振り返りしていきます。

振り返りが終わってみると、

社長
コロナ禍で大変だったと漠然と思っていたけど、振り返ってみたら、この1年で、たくさんの新しいチャレンジをして、それが今に繋がってますね!

と今期の捉え方が変わっていました。

それから、理想の来期を描いていきました。

社長
おかげさまで、とてもいい来期の方針が決まりました!ありがとうございます!

とおっしゃっていただきました。

頑張る方ほど、目の前の問題に意識が向きがちです。

しかし、目の前の問題に意識が向いている状態だと、いい未来は描きにくいです。

問題にフォーカスする意識の向け方を「原因論」。

上手くいったことや理想の状態にフォーカスする意識の向け方を「目的論」と言います。

次のイメージですね。

未来の方向性や計画は、「目的論」の意識で考えた方が、上手くいきやすい、行動が加速するものが、出来上がります。

来年度の方針を決めている方も多いと思います。

「目的論」、ぜひ、使ってみてください。

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

本日のチャレンジ課題目的論の意識で、来年度の方向性を考えてみましょう
一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加