次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

社員の成績が下がる理由と社長の器の関係@ローランド

2020.12.27 by 大図 美由紀

【day1065】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

伝説のホストで実業家のローランドさんの記事を読みました。

今では伝説のホストと呼ばれるほどの人ですが、初接客では女性と口もきけなかったんだそうです。

小さい頃からサッカーに打ち込んで天才と言われながら、プロを目指していたローランドさん。

しかし、高校卒業時、プロから声はかかりませんでした。

一旦、大学に進学するも、挫折を味わった絶望と劣等感から、すぐに中退。

そして、「伝説のホストになる」とホストの道に進むことを決めます。

ところが、それまで女性と接点がなかっため、ローランドさんは、女性と話せないどころか、目も見れなかったんだそう。

しかし、諦めずに、頂点に上り詰めるため、自己啓発本を読み、ファッションやカルチャーを一心不乱に学びます。

そして、歌舞伎町売上NO1ホストに。

その後、在籍していたホストクラブから独立し、自分のお店を持つことに。

しかし、一緒についてきてくれるホストたちの成績が、悪くなっていきます。

ローランドさんは、彼らに厳しく接客の心得などの注意を繰り返すも、彼らの態度や行動は変わらず。

不穏な空気が続く中、特に目をかけていたホストが、大遅刻をします。

ローランドさんが説教すべく呼び出すと、そのホストは、新店舗の準備で現場に顔を出さないことが多くなったローランドさんに、「目をかけてほしい」と不満を吐露。

普通ここは、「そんな甘えてんじゃねー!プロだろ!」と言いたくなりますよね。

ところが、ローランドさんは「俺も悪かったよ」と謝罪。

「お前らと向き合う時間取れてなかったなって。1プレイヤーだった頃は良かったかもしれないけど、お前らを今後成長させていく中で、この距離感はマズいなって」と反省した。

そのあと、新店舗のメンバー全員を集め、「結果出なかったのは全部俺のせい」と、改めて謝罪したそうです。

いやー、素晴らしいです!!

経営者にこんな風に言ってもらえたら、社員は頑張りますよね。

「この人についていこう!」と思いますよ。

自分が源泉」という言葉があります。

マネジメント・人材育成の分野でご活躍されていらっしゃる、鈴木博さんが提唱されている考え方です。

「自分が源泉」とは、「全ての結果は自分が創り出している」と物事を見る考え方です。

よいことだけではなく、困難や課題も、他人や環境のせいではなく、全て自分自身が起こしていることだと考えます。

この考え方は、とてもパワフルです!

なぜなら、自分で創った結果なら、自分で変えていけるからです。

あなたの周りに起こるすべての出来事の主導権が、あなたにあるんです。

私が最初に「自分が源泉」を聞いた時は、「理不尽な気がする」と思いましたが、「自分が源泉」を実践するようになってからの方が、随分と気が楽です。

コロナ禍で、大変なこともたくさんあるでしょう。

決して、あなたの責に帰するものばかりではないはずです。

それでも、「自分が源泉」、自分にできることがまだまだあると考えた方が、きっと道は開けますね。

お互い頑張りましょう。

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

本日の問いかけ「自分が源泉」と思ったら、今日、何をしてみましょうか?
一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.
大図 美由紀

大図 美由紀

次のステージに向け、チャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまと、「人がやりがいを持って、イキイキと働ける。そして、仲間と協力しながら、素晴らしい価値を世の中に提供していく」、そんな仕組みと組織を創っていくことを、一緒に取り組んでいます。

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加