次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

社員全員が目標達成する年間目標の立て方(後編)

2020.12.23 by 大図 美由紀

【day1061】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

本日も、昨日に引き続き、年末にオススメの「1年の目標設定方法」をご紹介いたしますね。

昨日の記事は、こちら。

社員全員が目標達成する年間目標の立て方

昨日のおさらいをしますと、多くの人が、本当にやりたいことではないことを目標にしているから、目標達成できないのでは、というお伝えしました。

そこで、本当にやりたいことを目標設定する3つのコツの2つ目までを、ご紹介しました。

1つ目は、思いつきではなく、過去を振り返って、流れで決める。

2つ目は、いきなり出来事や行動から決めてしまうのではなく、感情を伴ったゴールイメージから、目標を決める。

そして、いよいよ、3つ目は、
——-
目標を決めるだけじゃなくて、価値観やテーマも決める
——-
です!!

どういうことかと言いますと、多くの人が、「売上〇〇やります!〇〇の資格とります!」と言うように、目標を決めるかと思います。

ところが、途中で、状況が変わったり、無理そうだとなった瞬間、全部なかったことにしたくなってしまうんですよね。

それは、目標だけで決めるからなんです。

実は、目標よりも先に、土台となる価値観やテーマを決めることが、継続していくためには、とても大事なんです。

例えば、飛躍の1年、学びの1年、みんなで繫がりを感じる1年、バランスのいい1年、などなど。

「学びの年」にしたいから、〇〇を勉強して、仕事で使えるようになりたいと勉強していた。

ところが、関わるプロジェクトが途中で変わり、〇〇が必要なくなってしまった。

その場合、新たに✕✕を勉強するというように変更して、テーマは「学びの年」で同じ。

目標は、変えて構わないんです。

すると、なかったことにせず、ずっと継続して、挫折感なく、積み重ねていくことが出来るんです。

ということで、具体的な手順としましては、まず、1年を振り返れるスケジュール帳などを用意します。

次に、3ヶ月ごとに、印象的な出来事を思い出しながら、自分にとってどんな3ヶ月だったかを、振り返っていきます。

嬉しかった、辛かった、悲しかった、楽しかった、ゆったりしていた、バタバタしていたなど、その時の気持ちや感情を思い出しながらやるのが、コツです。

そして、総称して、どんな1年だったか、「○○な2020年」とテーマを決めます。

ここで、いよいよ、1年後、つまり、2021年年末、もしくは、2022年元旦、どうなっていたらいいか?想像します。

また、2021年1年間、どんなことが起こって、どんな風に過ごしたでしょうか?

それでは、総称して、2021年は、どんな1年だったでしょうか?

「○○な2021年」とテーマを決めます。

その後、2021年の具体的な目標やアクションプランを決めていきます。

いかがでしたでしょうか?

私は、このやり方をするようになって、12年が経ちますが、毎日、楽しく行動し、目標を達成していくことが、続けられています。

もっと早く知っていたら、良かったのにー!!と、悔しいくらいです。笑

ぜひ、年末年始に、やってみてください。

私も、この週末にやってみる予定です。

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

本日の問いかけどんな2021年になったらいいでしょうか?

 

一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.
大図 美由紀

大図 美由紀

次のステージに向け、チャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまと、「人がやりがいを持って、イキイキと働ける。そして、仲間と協力しながら、素晴らしい価値を世の中に提供していく」、そんな仕組みと組織を創っていくことを、一緒に取り組んでいます。

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加