次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

仕事がつまらないとオモシロいの違いを生み出すものは?

2020.12.04 by 大図 美由紀

【day1042】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

先日、顧問先さまで、若手社員による職場変革プロジェクトの会議進行をしました。

プロジェクトスタートから3ヶ月を超えて、チームの雰囲気が、かなり良くなってきました。

会社の現状把握から始め、課題に取り組む順番を決め、具体的な目標も設定し、動き始めています。

今まで、彼らにとっての仕事とは、社長や上司から言われたとおりにやることでした。

今回のプロジェクトのように、自分たちで、会社の課題を見つけ、どんな会社になったらいいか、どう進めたらいいか、最初から考えていくのは、ほぼ初めてのことでしょう。

最初の頃は、会社の理想像を描くのすら四苦八苦していましたが、最近は、自分たちで考え動くことに、だいぶ慣れてきました。

人が成長していく姿を見れるって、こんなに嬉しいことはないなと思います。

私のサポートでは、単にプロジェクトを遂行していくだけでなく、社員さんお一人お一人の成長を促すことも、同時に行っていきます。

例えば、何でも自分でやってしまう傾向があるリーダー。

リーダーのタスクが山ほどあるのに、メンバーにほとんど任せていませんでした。

リーダーは、メンバーに任せているぐらいなら、自分でやった方が早いと思っているんですね。

まるで昔の自分を見ているようです。笑

会議中、メンバーから、

メンバー
自分たちももっとできますよ!

という発言もありました。

そこで、リーダーにアドラー心理学の幸せの3条件のお話をしてみました。

アドラーの幸せの3条件とは、次の3つを共同体(チームや組織など)で感じられると、構成員(チームメンバー)は幸せだと思えるという条件です。

1.自分が好き(自己受容)
2.人は信頼できる(他者信頼)
3.私は貢献できる(貢献感)

です。

チームの中で、自分が貢献できていると思えると、幸せ。

つまり、チームの中で、役に立ててるという感覚がもてないと、「ここにいていいのかな?」と不安になったり、チームメンバーでいることがつまらなくなっていってしまうんですね。

話の後、

リーダー
自分のことでいっぱいになっていました。メンバーにももっと仕事をお願いしないといけないですね

と言ってくれました。

いいね!いいね!!です。

次回のミーティングで、その後の報告を聞くのが、とても楽しみです。

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

本日の問いかけ社員さんの幸福の3条件を上げるために、何をしてみましょうか?
一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.
大図 美由紀

大図 美由紀

次のステージに向け、チャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまと、「人がやりがいを持って、イキイキと働ける。そして、仲間と協力しながら、素晴らしい価値を世の中に提供していく」、そんな仕組みと組織を創っていくことを、一緒に取り組んでいます。

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加