次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

やらされ感ではなくやりたくなる目標設定のキモは?

2020.10.26 by 大図 美由紀

【day1003】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

今月は、社員さんの年間目標や半期目標の設定をお手伝いする機会が、多かったです。

目標設定の難しいところやコツはイロイロありますし、企業さまによって、つまづきポイントや苦心されている点は違います。

そんな中、私がサポートする目標設定の一番の特徴は、いかに本人が”やらされ感”ではなく、”やりたくなる”目標になっているか。

ここ、一番難しいところであり、クリアできれば一番パワフルなところです。

なぜなら、会社の目標設定の始まりは、社員を管理して業績を達成するものでしょう。

だから、会社からのトップダウンになります。

当然ですよね。

しかし、会社の業績達成のための目標は、社員さんにとってみれば、自発的なものではありません。

通常は、プレッシャーによる”やらされ感”が、大きくなってしまいます。

下図のイメージですね。

社員がやりたくなる目標設定をするには、「会社の期待」と「本人の希望」の共有する部分を、見つけて広げていくことが必要です。

では、どうすれば、共有ゾーンは広がるか?

会社都合を押し付けると、共有ゾーンは狭くなってしまいます。

本人の希望を思いっきり引き出すことが、キモです。

下図のイメージですね。

本人の希望を引き出していくと、最初は、会社の希望と交わらないところもでてきます。

交わらないところがでてくると、「それは違うんだけどなー。分かってないなー」と否定したくなります。

それでも、まず、本人の希望を全部聞いていくのが、大事なんですね。

会社の希望と交わる部分だけ、都合よく見つけていくのは、難しいんですね。

本人の希望全てを会社の目標設定にする必要はないです。

本人の希望をたくさん引き出せば引き出すほど、共有する部分も大きくなっていきますので、共有ゾーンだけ抜き出して目標にする。

すると、会社として出してほしい成果も出るし、本人も仕事にワクワク感を感じながら進められる目標になります。

ぜひ、意識してみてください。

本日の問いかけ社員さんもワクワク&会社の業績アップにつながる目標設定のため、何をしてみましょうか?

社員さんたちも、自分で考え、行動する組織づくり、応援しています!

追伸:「もう目標設定は終わってしまった!」という方は、振り返りでフォローができます!

経営者向け振り返り勉強会を、11月2日(月)昼、11月10日(火)夜、11月25日(水)夜に行います。

明日、詳細のご案内をさせていただきますね。

・年商1億円アップ、お客様数2倍
・1ヶ月に10件あったクレームが314日間0件

こんな結果が手に入る「ワクワク働きたい組織づくり」の秘訣が分かる
「社員に任せて年商1億円アップした3つの方法」小冊子をプレゼントしています!

【無料】「社員に任せて年商1億円アップした3つの方法」小冊子プレゼント

一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.
大図 美由紀

大図 美由紀

次のステージに向け、チャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまと、「人がやりがいを持って、イキイキと働ける。そして、仲間と協力しながら、素晴らしい価値を世の中に提供していく」、そんな仕組みと組織を創っていくことを、一緒に取り組んでいます。

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加