次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

とっても簡単!社員のやる気を上げる方法

2020.10.12 by 大図 美由紀

【day989】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

近所のよく行くイタリアンレストラン、週末に行ったら、昼も夜も満席。

この入りは、コロナ禍以降、初じゃないかと。

「Go To イート」の対象になっているのもあり、少しずつ人が戻ってきてるみたいで、常連の1人としては、嬉しいです。

このお店、いいんですよ。

都内に9店舗あるチェーン店ですが、スタッフさんの接客レベルが高いんです。

飲食店って、2店舗、3店舗と出店すると、経営者がいないお店のスタッフさんのサービスクオリティが下がってしまうこと、よくありますよね。

それを、感じないんです。

私、お店で、リクエストしたり、質問することをよくします。

例えば、「ちょっと寒いので、空調の温度上げてもらえませんか?」や「この料理はどんな味ですか?」とか。

そんな時にも、笑顔で気持ちよく対応してくださいます。

当たり前と思うかもしれません。

でも、気持ちのいい対応をしてくれるレベルは、お店によって、けっこう違います。

こちらのお店は、かなり高いです。

特に、回答そのものというより、笑顔や目線、声のトーン、仕草など、非言語のコミュニケーションに、暖かいウェルカム感が感じられます。

だから、ファンになりますし、通っちゃいます。

非言語のコミュニケーションが、相手に与える影響って、本当にパワフルなんですよ。

最近、ある上司の部下への関わりで、もったいないなーと思ってしまったことがあります。

社員さんを、ホメる時に仏頂面で言っていたり、仕事でOKを出す時に、気もそぞろで伝えていたんです。

コミュニケーションには、言語と非言語の2種類があります。

言語は、文字どおり、言葉ですね。

非言語は、言葉以外の関わりです。

顔の表情や、声色、姿勢や、身体の動きのテンポ、雰囲気などです。

相手に与える影響、どちらが大きいと思われますか?

また、何対何の割合だと、思われますか?

研究結果によって、

非言語:言語=7:3
と言われていたり、

93:7
と言われたりもします。

いずれにしても、非言語のコミュニケーションの方が、影響が大きいと言われています。

つまり、相手は、言語よりも、非言語で伝わったことの方を、強いメッセージとして、受け取ります。

せっかく伝えるんだったら、相手が行動したくなるように、伝えたいですよね。

人は、快の感情を得られる行動をしたくなります。

同じ行動をしてもらうなら、頑張って行動してもらうのではなく、自然と行動したくなる、うっかり行動してしまうように、関われるといいですよね。

行動を起こすのに、頑張るのではなく、その頑張るエネルギーは、アウトプットの質を高めるために、使ってもらえますからね!

無料で、簡単に、生産性が上がって、お互いハッピーです!!

御社の現状は、いかがでしょうか?

社員に任せてグングン伸びる組織づくり、お手伝いさせてください。

もう一段飛躍したい、社員をもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

本日の問いかけ社員のパフォーマンスを上げるため、どんな非言語コミュニケーションを意識してみましょうか?

・年商1億円アップ、お客様数2倍
・1ヶ月に10件あったクレームが314日間0件

こんな結果が手に入る「ワクワク働きたい組織づくり」の秘訣が分かる
「社員に任せて年商1億円アップした3つの方法」小冊子をプレゼントしています!

【無料】「社員に任せて年商1億円アップした3つの方法」小冊子プレゼント

一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.
大図 美由紀

大図 美由紀

次のステージに向け、チャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまと、「人がやりがいを持って、イキイキと働ける。そして、仲間と協力しながら、素晴らしい価値を世の中に提供していく」、そんな仕組みと組織を創っていくことを、一緒に取り組んでいます。

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加