次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

社員の悪さを防ぐにはどうしたらいいか?

2020.10.09 by 大図 美由紀

【day985】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

今月から始まった「Go To イート」のポイント事業で、不適切な利用法が問題視され、運用ルールが一部見直されるそうです。

「Go To イート」のポイント事業は、インターネットの予約サイトで予約して飲食した人に、ランチで500円分、夕食で1000円分のポイントが、後日付与される仕組みです。

不適切な利用法とは、大手焼き鳥チェーン店で、ポイントを下回る食事(298円1品)だけ注文して、差額ポイントを荒稼ぎすることです。

お店は、サイトに総脚手数料を支払わなければならないので、実質赤字です。

SNSで錬金術と紹介されて広がり、飲食店を応援するためのキャンペーンなのに、逆に苦しめてしまう負のループに。

心ない、セコイ人がいるなと思ってしまいますが、それができてしまう運用ルールになっていたのも、問題ですね。

これは、社内ルールも、同じです。

社員が盗んだり、ズルしたり、サボったり、悪さをするのは、そうさせてしまう環境に問題がある。

かつて、稲盛和夫さんも、次のようにおっしゃっています。

「金を盗む社員が悪いのではなく、金が盗めてしまう環境を作ってしまうのが悪い。

だから、1人でお金を管理させず、お金を出し入れするのに、最低でも3人絡むような仕組みにした。

そして、このような仕組みづくりの根底には、社員に決して罪をつくらせないという思いやりが、経営者の心の中になくてはならない。」

これは、「信じて、期待しない。」という考え方です。

どういうことかと言いますと、「信じて」は、「当社の社員は素晴らしい。」と相手の可能性を信じること。

「期待しない」は、そうは言っても、「弱さや誘惑に負けることもある存在」ということです。

経営者は、社員さんがしっかりと仕事に打ち込める、成長していける、教育や仕組みを整えていかねばですね。

経営者も社員も、お互いに気持ちよく働ける会社づくり、進めていきたいですね。

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

本日の問いかけ社員さんに罪をつくらせないため、どんな仕組みづくりをしていきましょうか?

・年商1億円アップ、お客様数2倍
・1ヶ月に10件あったクレームが314日間0件

こんな結果が手に入る「ワクワク働きたい組織づくり」の秘訣が分かる
「社員に任せて年商1億円アップした3つの方法」小冊子をプレゼントしています!

【無料】「社員に任せて年商1億円アップした3つの方法」小冊子プレゼント

一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.
大図 美由紀

大図 美由紀

次のステージに向け、チャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまと、「人がやりがいを持って、イキイキと働ける。そして、仲間と協力しながら、素晴らしい価値を世の中に提供していく」、そんな仕組みと組織を創っていくことを、一緒に取り組んでいます。

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加