次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

社員のために始めた面談で、社員のやる気を下げないためには?

2019.11.20 by 大図 美由紀

【day661】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりの専門家、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

先日、新しいクライアントさんから、こんな相談を受けました。

社長
今年から社員面談を始めたんですが、もうやりたくないんです
大図
やりたくないっていうのは?
社長
不満ばかり言ってくるからです

社員面談をしようとされる、新しいチャレンジをされているのは、とても素晴らしいことです。

さらに、「会社をもっと良くしよう!社員さんともっと話をしてみよう!」という思いから、社員面談をすることにされたそうです。

でも、何も考えずに、「とりあえず、社員さんと話をしようか」で、スタートすると、社員さんの不満大会になってしまうことも、あります。

意図があって、社員さんの不満を聞くのはいいのですが、そうではないと、社員面談が、かえって、社員さんとの距離を作ってしまうこともありえます。

このまま放っておいたら、「社長は気持ちが下がる。社員の不満は聞いたけど、対応しきれない。」⇒「社員は社長に対する期待値が下がり、不満がさらに増大する。」の負のループが始まりかねません。

これを防ぐためには、まず、面談の目的やゴールを明確にすること、そして、社員さんとそれを共有することが、大事です。

面談の目的、例えば、

・仕事の評価を伝えるため

・仕事上で困っていることを聞き出すため

・目標設定をするため

・これからの会社の方針を共有するため

・キャリアプランを相談するため

などなど。

ゴール設定も、いろいろありますね。

例えば、目的が、「社員との信頼関係を強めるため」でも、

・プライベートも含めて、近況の話をすることで、

・社員に対して、気になっていることを、本音で話して、

・仕事をしている中で、不安や不満に思っていることを聞いて、気持ちスッキリしてもらう。

などなど。

この辺が、曖昧なまま面談をしてしまうと、時間をムダにしてしまうだけでなく、せっかくの面談が、マイナスに作用してしまいかねません。

ぜひ、目的やゴールを明確にしてから、面談に臨んでみてくださいね。

モチロン、実際、面談で対話を始めてから、違うなと思ったら、目的やゴールを修正しても、かまいません。

事前のシミュレーションがあるかないかで、随分、結果は、違います。

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

御社の現状は、いかがでしょうか?

社員に任せてグングン伸びる組織づくり、お手伝いさせてください。

一緒に、社員に任せてグングン伸びる組織をつくりませんか?

社員に任せてグングン伸びる組織のお試し相談を申し込んでみる

本日のチャレンジ課題面談の目的・ゴールを設定しましょう

・年商1億円アップ、お客様数2倍
・1ヶ月に10件あったクレームが314日間0件

こんな結果が手に入る「ワクワク働きたい組織づくり」の秘訣とは?

貴社が抱える問題の「真の原因」と解決策を明らかにしたい方は、
今すぐ、こちらから、お問い合わせください。
1on1セミナーやってます。


大図美由紀フェイスブック
(お気軽にフォローください)

このブログをメルマガでも
お届けしています。
ご希望の方は、
下記フォームよりご登録ください^ ^

ワクワク働きたい組織づくりのヒントをお届け!









追伸:今年やろうと思っていながら、なかなか取り掛かれなかったことに、やっとこ着手できました!それは、自主開催のセミナーです。

昨日、セミナールームの予約をしました!

セミナールームを探すのに、時間がかかってしまいましたが、理想の未来を描くのに、ふさわしいステキなところが見つかり、ワクワクしています(≧▽≦)

年末年始で開催です。なんとか、今年のうちに、滑り込みです。笑

またご案内させていただきますね。

一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.
大図 美由紀

大図 美由紀

次のステージに向け、チャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまと、「人がやりがいを持って、イキイキと働ける。そして、仲間と協力しながら、素晴らしい価値を世の中に提供していく」、そんな仕組みと組織を創っていくことを、一緒に取り組んでいます。

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加