次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

対極な相手だから上手くいく@グリーンブック

2021.10.01 by 大図美由紀

【day1340】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き
ありがとうございます。

昨日は、台風でスゴイ雨風でしたね。

そんな中、前から気になっていた映画「グリーンブック」を観ました。

良かったです!

まず、アメリカ社会における黒人差別について深く考えさせられました。

舞台は、1962年の黒人差別が色濃く残るアメリカ南部。

ちなみに、キング牧師が「I have a dream」のスピーチをしたのが、1963年です。

そんな背景に加えて、対極的な主人公2人が友情を育んでいくストーリーに心温まりました。

主人公は、黒人の天才ピアニストのドクターと、用心棒兼ドライバーとして雇われたイタリア系白人トニー。

ドクターがアメリカ南部への演奏ツアーに行くため、トニーを雇うところから、物語が始まります。

トニーは、腕っぷしが強く、ハッタリが得意。

ガサツで無学で、家族想いで、気のいいヤツ。

そして、黒人ぎらい。

黒人の人が使ったコップをゴミ箱に捨てちゃうくらいです。

一方、ドクターは、幼少期からピアノの才能を認められ、一流の教育を受け、ふるまいは洗練されています。

しかし、離婚もしていて、兄弟とは疎遠。

そんな育った環境も生き方も考え方も違う2人は、旅の始まりでは衝突ばかり。

しかし、さまざまなトラブルが起こる旅を共にする中で、お互いを尊重するようになっていくんですね。

それは、お互いの凸凹ぐあいをさらけ出し、助け合うからですね。

凸は強み。凹は弱み。

人は凸(強み)で信頼されて、凹(弱み)で愛される。

これができると、いいチームになれます。

すぐに暴力をふるうトニーは、耐えることや上品さをドクターから教わる。

ナイフとフォークの上品な食事をしてきたドクターは、フライドチキンを手に油をつけながら食べることをトニーから教わる。

ドクターは、黒人差別の薄い北部でツアーをすれば称賛と3倍のお金が入ります。

にもかかわらず、黒人差別が濃い南部でツアーをしたのは、「勇気が人の心を変える」と、自分の行動で差別をする人々の心を動かそうとしたから。

トニーは、そんなドクターをリスペクトし、黒人に対する偏見が減る。

そして、孤独なドクターは、家族想いで気のいいトニーから、自分から他者に歩み寄る方法を教わり、1人じゃなくなります。

凸(強み)で信頼され、凹(弱み)で愛される、それができるチームを増やしたい。

改めて、心に誓えた映画でした。

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

本日の問いかけお互いの凸凹ぐあいをさらけ出し助け合うチームになるために、何をしてみましょうか?
一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加