次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

想定を超える未来を生きる@漁師のおじちゃんがフジコさんとコンサート

2021.04.15 by 大図美由紀

【day1172】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

以前のブログで、パチンコしか趣味のなかった、52歳のザ・漁師のおじさんが、世界的ピアニスト、フジコ・ヘミングさんのピアノ「奇蹟のカンパネラ」を聞き、感動して、「自分も弾けるようになりたい!」と一念発起した話を書きました。

こちらの記事ですね。

「歳をとっても夢は追いかければつかまる」年配社員の夢の引き出し方

フジコさんの「奇蹟のカンパネラ」は、クラッシックでは異例の200万枚を超える大ヒットした曲。

プロでも倦厭する超難解な曲です。

ピアノを触ったこともない、楽譜も読めない彼。

ところが、7年間、毎日8時間、自力で練習して、弾けるようになってしまいます。

そして、TV番組の企画で、憧れのフジコ・ヘミングさんに、自分の演奏を聴いてもらうという夢が実現します。

それが、今から1年ちょっと前。2019年の年末です。

最近の彼のニュースを見ました。

なんと、今日、4月16日、フジコさんと一緒に、2000人の観客の前で、演奏するんだそう!

スゴイです!

8年で、ここまでやれちゃうんですね!

世界NO1コーチ、アンソニー・ロビンスさんの言葉に、

人は1年でできる事を過大評価しすぎる。そして10年でできる事を過小評価しすぎる。

があります。

どういうことかと言いますと、

人は、1年でアレもコレもやれるはずと欲張って、目標を立てる。

結果、それが叶わなかったとがっかりしたり、上手くいかないと諦めがちです。

また、10年後の未来を想像する時は、今の自分でできることから考えて、小さくなりがち。

実際は、毎年毎年できることを積み重ねていったら、もっと大きなことを実現できるはずなのに。

つまり、10年後を想像する時、今の自分にできることだけでなく、制約をかけずに、大きな夢や目標を描こう。

そのために、1つ1つ目の前の行動を積み重ねていこう。

あなたが持つ可能性をもっと信じて、行動しよう。

そんなメッセージです。

実際、漁師のおじさん・徳永さんも、10年前には、本人も周りも、想像すらしていなかった未来を、生きています。

でも、ぼーっと生きてたんじゃ、そうならないんですよ。

「どうせムリ」って言うばっかりの毎日だったら、そうならないんですよ。

そのために必要なことは、未来を描くこと。

想像を超える未来にたどり着くために必要なことは、まずは未来を描くこと。

何の制約もない未来を描いて、コロナ禍だって前のめりで、やりたいことをドンドン実現していっちゃいましょう!

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

本日の問いかけ実現したい何の制約もない未来は?
一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加