次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

噂に振り回されず全体目線を合わせていくには?

2021.04.05 by 大図美由紀

【day1162】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

昨日、菅首相は、新型コロナについて、「現時点で第4波といった全国的な大きなうねりとまではなっていない」

その上で「強い警戒感を持って対応する必要がある」と発言。

全国各地で感染者数が増えているニュースを見ます。

一方で、インフルエンザは、調査を開始した1999年以降初の流行なしだそう。

引用元)https://weathernews.jp/s/topics/202103/310155/

今は、ネットからいろんな情報を得ることができます。

情報が溢れているからこそ、たくさんの情報に振り回されず、冷静客観に受け止めて、対応していくことが、大事になってきますね。

これは社内の情報も同じです。

フォーマルな場でも、インフォーマルな場でも、さまざまな情報が飛び交っています。

社内で得られた情報を、受け取った社員はそれぞれに解釈しています。

事実と意見の切り分けが、重要です。

例えば、部長が、

部長
部下が、全然仕事をしない上に、陰で不満ばかり言ってるようなんです

と言っていたとします。

「部下が、全然仕事をしない上に、陰で不満ばかり言っている」

これは、この時点では、事実かもしれませんし、事実じゃないかもしれません。

それは、決して、部長がウソを言っているということではありません。

悪い人だということでもありません。

この時点で分かるのは、部長は「部下が、全然仕事をしない上に、陰で不満ばかり言っている」と思っているんだなということ。

また、部長が「部下が、全然仕事をしない上に、陰で不満ばかり言っている」と思うような何かがあるのだなということです。

人は、1人1人、違う立場で、違う背景があり、違うモノの見方をしています。

こんなイメージですね。

ちなみに、これを横からみたら、「ひらがなの”の”」という人もいます。

本当に何が起こっているのか、事実を把握するには、現場検証が大事です。

現場検証をしないまま、対策を立ててしまうと、トンチンカンなことになりかねません。

私も、クライアントさま先で、上司と部下にお話を伺ったり、違う部署の方にお話を伺いますと、それぞれで話が違っていることは、しょっちゅうあります。

そんな時は、各当事者の話を丁寧に伺い、それぞれの見方と事実を押さえていくことで、初めて全体の目線を合わせていくことができます。

現場検証も目線合わせも、丁寧で具体的な対話なしでは、成立しません。

全社一丸となって取り組む組織になるために、丁寧で具体的な対話は、とってもパワフルなツールになってくれます。

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

本日の問いかけ全員が目線を合わせていくために、何をしましょうか?
一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加