次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

怒り狂った社員をすぐ冷静にさせる魔法の規則

2023.11.18 by 大図美由紀

【五感思考day2030】

こんにちは!

ワクワク働きたい組織づくりパートナー、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読みいただき、
ありがとうございます。

やりたいことはたくさんあるのに、ぼやぼやしていると、今年もあっという間に終わってしまいそうで、ちょい焦る今日この頃です。

さて、経営は喜びも多いですが、人に動いてもらう難しさで苦しくなることもたくさんですよね。

忙しくなったりすると、なおさら、社員さんが思いどおりに動いてくれないとイライラしてしまうこともあるでしょう。

そんな時、イライラしながら、社員さんを怒る必要がなくなる方法をご紹介です。

こんな話があります。

***

2人の首相が室内で座って、国事について話し合っていた。

突然、男が入ってきた。

激怒していて、叫びながら足を踏み鳴らし、こぶしで机をたたいた。

地元国の首相がさとす。

「ピーター、頼むから、規則その6を思い出してくれ。」

すると、男は、すぐにすっかり落ち着きを取り戻し、詫びを言って立ち去った。

2人は話に戻った。

20分後に、興奮しきった女が入ってきて、また中断する。

身振りは激しく、髪は逆立っている。

今度も、首相はこう対応した。

「マリー、規則その6を思い出してくれないか。」

相手はまたすっかり冷静になり、会釈をして謝って出ていく。

3度目に同じことが起こったとき、訪問国の首相がたずねた。

「首相、これまでさまざまなものを見てきましたが、これほど驚いたのは初めてです。

規則その6の秘密を教えてくださいませんか。」

「単純なことですよ。規則その6は『あまりくそまじめになるな』です。」

「なるほど、それはいい規則ですね。」と訪問国の首相が言った。

しばらく考えてから、こうたずねた。

「それで、他の規則も教えて頂けますか。」

「これだけです。」

***

規則その6、最高ですよね!!

私は、クライアントさんや経営者仲間から、

社長
幹部だったら、これくらいのことは少し考えたら分かるだろう。なのに、ちっとも分かってくれない!
社長
最近の若い人はおとなしくて。もっとくらいついてきてほしいのに。

など、「社長が求めていることを社員がなかなか実践してくれない」と、よくお困りごとを伺います。

そんな時、私は、

大図
社員さんに求めていることを具体的に言語化して、ルールにしましょう。

とお伝えすることがあります。

例えば、行動指針や社内ルール、マネージャー層に求める要件などを作りましょう、ということですね。

規則その6のエピソードは、やってほしいことを、怒りながら伝えるのではありません。

ルールを言語化して冷静に伝えていて、とても素晴らしいです。

さらには、ユーモアが入っていて、秀逸ですよね!

ユーモアには、言われた側がつい受け入れてしまうパワーがあります。

また、言う側もマネジメントのストレスが減りますよね。

ぜひ、参考になさって取り入れてみてくださいね。

もう一段飛躍したい、社員さんをもっと生かしたい、そんな経営者を応援しています!

本日の問いかけ御社の規則その6は何が良いでしょうか?

一覧に戻る
一覧に戻る
The following two tabs change content below.

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加