次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら

お客様の声

「自分は、もっとやれるはず!」と事業の方向性に悩んでいたが、描いたビジョンに向かって実現し始めた!

経営コンサルタント(経営者) Mさま

自分の描いた方向に対して、揺るぎない自信をずっと保ちつつ、進むことが出来ています。
大図さんと出会ったことで、ビジネスが上手くいったのは、勿論ですけど、やっぱり、現状がどうかとか、これまでどうかとは別に、本当に自分がモチベートされる目的を掲げること、そして、そこに向かって、広く現状を見て、やれることをやりながら、新しいやり方を創り出していくこと、その価値と、本当にそれが出来るんだということを学べたのは、非常に大きな収穫でした。
これからも、大図さんに、助けてもらいながら、どんどん自分の人生にチャレンジしていきたいと思います。

「自分は、もっとやれるはず!」と事業の方向性に悩んでいたが、描いたビジョンに向かって実現し始めた!

このままでいいのか?自分は、もっとやれるはず!

独立起業して5年。事業は安定し、生活に困っている訳でもありませんでした。
でも、何かが違う。オレ、何のために、この仕事始めたんだろう?
起業した最初の頃は、すごく刺激もあったし、ワクワクしてたけど、今は、何かが物足りない。発展性が、感じられない。
そんな時、後輩の活躍を聞きました。

後輩
「こんな大きな案件を受注したんですよ!」「お客様がこんなにすごい成果出したんですよ!」
嬉しそうに話す後輩を見ながら、自分の中で、何か、焦り始めたんです。
このままでいいのか?イヤ、こんなことのために、起業したんじゃないはずだ。
自分は、もっとやれるはず!もっと自分の能力を最大限に発揮出来るような仕事をしたい!
負けたくない。このまま終わりたくない!
という一心で、新しい方向に舵を切る、次のステージに行く決意をしました。

でも、1人ではチャレンジ出来なかった

でも、思ったほど、動けない。昔のように、動けない。
「何で、オレは動けないんだろう?」とか、自分のことを責めることが、始まってしまったんです。

結局、そもそも、オレ、何を目指したらいいのか、分かってないんだな。
だから、何をやっても、これでいいのかって、悩むんだ。
自分の向かうべき方向なんて、誰かに教えてもらえるのでもないし、
自分1人で考えてみても、なかなか方向が見えないから、
進めない、そんなジレンマを感じていたんです。

ピンチを救ってくれたのは…

私のピンチを救ってくれたのは、例の後輩だったんです。

社長
いやー、何か、オレもやろうと思っているんだけど、なかなか動けないんだ。
と相談した時に、後輩が言ってくれたんです。
後輩
大図さんっていう、ビジネスコーチングの先生がいるから、紹介しますよ。僕が、彼女から学んだのは、取り敢えず動き始める前に、本当は何をやりたいのか、それは何のためなのかということを、明確にすること。それがあれば、どう動いたらいいか分かるし、絶対に動けるようになるというのが、彼女の教えなんです。なので、大図さんと会うと、本当にあっと言う間に、何から始めたらいいのか、それは何のためなのか、分かっちゃうんですよ。
社長
えっ!本当に!?
ちょっと、何か胡散臭いなと思いながらも、でも、思い当たるところがありました。
社長
確かに、オレ、何をやりたいのか、分からない。
後輩
大図さんに会ってみたら、いいですよ。自分が本当に生きたいのは、どんな人生なのか、それは、どんな風に貢献していくことなのか、その実現のために、どんな自分の強みが活かせるのか、大図さんほど、これだっていう、自分が自信を持って進めるやり方を、一緒に見つけてくれる人はいないですから。
あまりにも、自信満々に言う後輩を見ながら、でも、確かに、そうかもしれない。
そもそも何のために、起業したんだろう、って、また考え始めたんです。

この人となら、全然違うステージに、上がれそう!

そこで、まずは、大図さんに、一度、個別相談をお願いすることにしました。
ベテランのお固い先生を想像してたんですけど、思っていたより小柄の、
明るくてエネルギー溢れる雰囲気の笑顔が素敵な女性でした。
最初は、ちょっと戸惑ったんですけど、今の仕事の状況をぐるぐると話すうちに、大図さんに言われたんです。

大図
Mさん、ちょっと待って下さい。これまでのこととか、今何が出来るとか、出来てないとか、そういうことは、一度脇に置いて、本当は、何がやりたいのかを、話しませんか
社長
えっ!?
大図
だって、未来は、今までの延長線上じゃないんですよ。Mさんが、どんな未来を創りたいかっていうのが、Mさんのビジネスを創るんですよ。
すごい真剣な眼差しで言われて、
社長
えっ!
って、一回、思考が止まったんです。
そこで、大図さんと一緒に、そもそも、何で仕事を始めたのか、
子供の頃の憧れの人や、学生時代に考えていたことなど、いろいろ思い出すうちに、
社長
そうだ!オレ、このために、起業したんだった。本当は、これやりたいんだ!
って、何か、出来る出来ないの世界で忘れていた、本当の理想を思い出したんです。
1人では、絶対に出来ない試みでした。
それが、見つかったら、大図さんに言って、
いつの間にか、「じゃあ、いつまでに、何が出来てたら良さそうで、
現状どんなことから始められるのか」というのが、ドンドンと整理されていったんです。
実は、大図さんは、ビジョンや価値観を引き出すメンタルのプロであると同時に、
ビジネスについても、豊富な経験を持っておられる方で、
ビジネスの進め方についても、いろんなアドバイスをもらえたんです。
そして、
大図
Mさんなら、絶対、大丈夫です!すごく素敵なものをいっぱい持っているのが、分かりますから。やれますよ!本当に、この夢、実現しませんか?
って、言われて、「大図さんとだったら、これまでとは、全然違うステージに上がれる」と思ったので、「大図さんと一緒にチャレンジしてみたい!」という確信が持てたんです。

何のために、事業をするのか?

継続でサポートしてもらうことが決まって、

そこでも、まず、最初に扱ったのは、実は、「何のための事業なのか?」でした。

「この間、概略を扱いましたが、もっと掘り下げてみましょう」と大図さんに言われて、
「本当は、誰に、どんなサービスを提供したいのか、
その人にどうなって欲しいのか」、今まで考えてなかったこと、
「自分のサービスの提供によって、お客様の周りで、
さらに、何が起こるか、その先で、何が起こるか」ということも、たくさんイメージしたら、
自分が本当に事業をやることの意味とか、自分の掲げる理想の素晴らしさを、
改めて、自分で認識できて、涙が、こぼれそうになりました。

ただ、その中で、面白かったことがあるんです。
その時、気が付いてしまったんです。
それは、何かと言うと、実は、自分の中に、心のブレーキがあったということでした。
起業当初、仲間と一緒に、同じような理想を掲げて、走っていた時に、
一番信頼してた仲間とぶつかって、取り返しがつかない仲違いをしてしまった時に、
「ああ、やっぱり、理想を掲げるのって、無理なんだ、こんなこと実現しないんだって。」そのことがあったから、
「今出来ることを、とりあえずやる」ということを、選択してたことに、気が付いてしまったんです。

大図さんは、過去の出来事を話す私の話を、
ウンウンと、優しい顔で聞いてくれながら、こう言ってくれたんです。

「何が、本当に、悔しかった?」と。

社長
お互い理想を持ってたはずなのに、分かり合えないっていうのが、本当に、悲しかったんだ。
そして、「どんな理想を持ってたのかとか、それはどうしてなのか」を聞いてくれた上で、
大図さんは、言ってくれたんです。
「相手の人は、どんな気持ちだったんだろう?」って。
そんなこと、考えたこともなかった。
だけど、大図さんに手伝ってもらって、相手の立場に本当に立ってみたら、
「相手も、もがいてたんだ。お互いに傷つける言葉を言ったけど、
本当は、お互いにもがいて、何とか、この夢を実現したいと思ってたんだ。
今から振り返ってみれば、ビジネスパートナーは、理想を掲げるだけじゃなくて、
お互いにぶつかり合いながら、切磋琢磨していくことの大切さを、伝えてくれてたんじゃないか。」
そのことに気が付いたら、絶対にやりたいし、
不思議なことに、この経験があるからこそ、この理想が実現出来るんだ、
と思えるようになったんです。私の中に、迷いがなくなったんです。

誰に?何を?何者として? 提供するのか。

理想の姿と大事な価値観が明確になり、絶対にやりたいと思ったところで、
何から始めたらいいのかを、さらに、具体的に考えていきました。
これまでの取引先や、これまで付き合ってきたお客様の範囲を超えて、
「本当は、どんな人と何をやりたいのか」
「周りの助けてくれる人や協力出来る人と、どんなことが出来るのか」を洗い出してみると、
まだまだやれることがいっぱいあるということにも、気が付いていきました。
しかも、いろんな業界、いろんな業種の人たちをサポートしている大図さんの質問とかアドバイスは、
1つの業界にいたら、気が付けないようなものを含んでいて、
新しい発想がドンドン出てきて、おかげで、ビジネスの進め方も、
相当柔軟に、広い視野でやれるようになったと思います。

自分の描いた方向に向かって、着々と実現し始めた!

過去、今までの中小企業ではなく、大手企業をサポートしたいんだって、
もっと世の中に影響を与えるため、大きくやりたいんだと言うので、
大手に向かって、動いていたけど、結果が出なかったことがあります。

やっぱり大手はダメなんだと諦めていたのですが、
ある時、当時やっていたことを振り返った時に、1人では気付けなかったことに、気付けたんです。
それは、大手だからいいとかじゃなくて、
やっぱり、自分が、同じ価値観でやれる担当者が大切なんだ。
担当者や会社の価値観と合わないところに出かけて行って悩んでいただけで、
大手がダメだというのではなかったということに、気付けました。

じゃあ、本当に一緒にやりたい会社はどこなのか、
どんな価値観を持っている人なのか、そういう人に、どんな伝え方をしたら、
自分の想いが伝わるのか、一緒にやれるのかを、考えていったんです。

そしたら、絶対に相手にされないと思っていたような、
大手や権威ある団体から、オファーが来たり、金額の大きな案件をご提示頂けるようになりました。

そうか!こちら側の規模とかって関係ないんだって。
自分の想いと相手の想いがあったら、こんなところでも、繋がれるんだということに、気が付いたんです。

大図
この頃のMさんは、本当に何かその想いと、話している内容と、それから、見た目とかエネルギーとかが一致して、どんな人からでも、対等な、信頼出来るビジネスパートナーとして、頼られる存在になってました。

お客様へのサポートの質が向上し、お客様の成果がでるようになった

また、もう一つ、自分にとって、大きな学び、糧になったものがあります。
それは、何かと言いますと、大図さんの私に対する関わり方なんです。
大図さんは、私が何を話してても、
「で、本当に、どうしたいの?それって、具体的にどういうことなの?」と、
本当にやりたいことを、とにかく具体的に聞いてくれたり、困ってることを、
具体的に聞きながら、何か本当に大事なものを、探そうとしてくれました。
ある時、「そうか!これをそのままお客様にもやったらどうなるんだろう?」と思ったんです。
やっぱり、大図さんに関わってもらうと、自分が気が付いてなかったことに、
いっぱい気が付くし、本当の望みにも気が付いて、前に進めるようになったから、
お客様にも、やってみようと思ったんです。
そして、実際に、やり始めました。
そしたら、これまで、自分が持ってる知識とか提案を一方的にしてた時には、
全然出てこなかった、お客様の本音が分かったり、本当の願いが分かって、お客様自身もビックリしたり。
でも、それが聞けたことで、私自身も、今までとは全然違う提案が出来て、
ドンドン新しいお客様を開拓していけるようなこともあったし、
サービス提供をした結果、本当にお客様に喜んでもらえるようなビジネスが出来るようになったんです。
これは、コーチングを受けて、その良さを実感したからこそ、出来たことだと思います。

自分の描いた方向に対して、
揺るぎない自信をずっと保ちつつ、進むことが出来ています。

大図さんと出会ったことで、ビジネスが上手くいったのは、勿論ですけど、
やっぱり、現状がどうかとか、これまでどうかとは別に、
本当に自分がモチベートされる目的を掲げること、
そして、そこに向かって、広く現状を見て、やれることをやりながら、
新しいやり方を創り出していくこと、その価値と、本当にそれが出来るんだということを学べたのは、
非常に大きな収穫でした。
これからも、大図さんに、助けてもらいながら、
どんどん自分の人生にチャレンジしていきたいと思います。

一覧へ戻る

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加
Powered by WishList Member - Membership Software