次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

目標をゴールではなく○○○と考え、より成果を出やすくする

2018.06.29 by 大図 美由紀

こんにちは!
ワクワク働いて、生産性を向上させる
組織を創る専門家、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

昨日の夜は、出先からの帰りの電車が、
ガラガラでした。

ちょうど、サッカーの
日本対ポーランド戦の時間帯でしたので、
多くの方が、
応援されていたんでしょうね。

ワールドカップ開幕前の期待値を考えたら、
素晴らしい盛り上がりになっていますね。

そして、
決勝トーナメント進出!!

やりました!!

おめでとうございます\(^o^)/

しかしながら、
ポーランド戦、試合終了5分前からの
負けているにもかかわらず、
攻撃をしないという戦術に、

その消極的な姿勢に、他力本願と、
賛否両論あるようですね。

もっとやれることも、
あったのかもしれませんが、

私は、目先の試合の勝敗ではなく、
さらに、先の目標である、
決勝トーナメント進出に
こだわった点において、
素晴らしいなと思います。

目標達成をしやすくする考え方に、
「目標を、ゴールではなく、
通過点と捉える」
というものが、あります。

今回の場合、
ポーランド戦での勝利という目標を、
ゴールにしてしまうのではなく、

ゴールを、決勝トーナメント進出、
ポーランド戦は、通過点
ですね。

モチロン、ゴールは、
決勝トーナメントに進出するだけでなく、
1勝、2勝、、、
さらには、優勝もありですね。

立てた目標を、
最終ゴールだと捉えてしまうと、
その目標を超えることが、
難しくなることもあります。

立てた目標を、通過点にしてしまうと、
目標達成が、楽に思えるという効果が
あります。

また、さらに先の目標を達成した状態から、
逆算して考えることで、
目標達成しやすいアイディアが、
うまれやすくなったり、
モチベーションが、上がったりします。

例えば、
設計図どおりに、家を完成させることが、
目標であるとします。

この目標を通過点とし、
さらに、その先、
「家に住んだ人が、快適に過ごせて、
笑っている」
を目標として考えられたら、

モチベーションが上がったり、
作業も、丁寧になったり
しそうじゃないですか?

また、今月の目標は、
新規顧客獲得10件だとします。

この目標を通過点とし、
さらに先、20件や100件も、
見据えてみた時に、
新しいアイディアや、
行動量も、変わってくるでしょう。

ちなみに、今回も、ポーランド戦を、
最終ゴールだと捉えていたなら、
もっと違う戦い方、違う結果になった
でしょうね。

「目標を、ゴールではなく、
通過点と捉える」

ご自身や、社員さんの目標に、
取り入れてみてくださいね。

本日の問いかけ:
今めざしている目標のさらに先は?

理想に向かって、仲間と一緒に、
ワクワク進む、幸せな組織創り、
応援しています!!

疑問質問、ご相談がございましたら、
お気軽に、お問い合わせ下さい(*^_^*)
感想も、お待ちしております♪♪


このブログをメルマガでも
お届けしています。
ご希望の方は、
下記フォームよりご登録ください^ ^

ワクワク働きたい組織づくりのヒントをお届け!









お問い合わせ

お問い合わせ

一覧に戻る
The following two tabs change content below.
大図 美由紀

大図 美由紀

次のステージに向け、チャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまと、「人がやりがいを持って、イキイキと働ける。そして、仲間と協力しながら、素晴らしい価値を世の中に提供していく」、そんな仕組みと組織を創っていくことを、一緒に取り組んでいます。

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加
Powered by WishList Member - Membership Software