次のステージに向けチャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまへ | 大図美由紀

ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社ビジョン実現コーチング | ワクワクはたらく株式会社
お問い合わせはこちら
ブログ

米朝首脳会談から考える、対立する意見をまとめ、一体感のある組織にする方法

2018.06.13 by 大図 美由紀

こんにちは!
ワクワク働いて、生産性を向上させる
組織を創る専門家、
ビジネスコーチの大図美由紀です^ ^

本日も、ブログをお読み頂き、
ありがとうございます。

昨日、アメリカのトランプ大統領と、
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長により、
シンガポールで行われた、
両国史上初の首脳会談。

共同声明で、朝鮮半島の非核化が、
確約されましたね。

歴史的な1日であることは、
間違いないでしょうし、

唯一の被爆国民としても、
平和を願う一人の人間としても、
嬉しいことではあるのですが、

北朝鮮の非核化で
必要となる費用については、
トランプ大統領によると、
「韓国と日本が、
大いに助けてくれるだろう」
なんですってね!!

日本国民という立場では、正直、

えーーーっ!!!
ちょっと待ってよ!!
丸投げ過ぎでしょ!!!
トランプさん!

という気持ちも、いっぱいです。

モチロン、この会談1つで、
全て上手くいくと、
思っていた訳ではありませんが。

そして、そうなんです。

関係者それぞれが、
自分にとって
都合のいいことばかり考えて、
やりとりしているうちは、

勝ち負けが生じますし、
得した、損した気分になる人が、
出てきてしまうんです。

これは、社内においても、同じです。

上司部下の対立、
部門同士の対立、
若手社員と古参社員の対立、
いろいろあるでしょう。

相手を打ち負かしてやろう
という気持ちで、やりとりしたり、
それぞれの損得ベースで
決着をつけようとすると、

中長期的に良好な関係を
築いていくことは、出来ません。

ましてや、一体感を感じたり、
みんなで、1つの方向に向かって、
ワクワク進む組織には、なりません。

では、
どうしたらいいかと言いますと、
みんなが、ハッピーになることを、
目指すんです。

妥協ではなく、
みんなが、合意できるところを、
まず、見つけるんです。

例えば、
新商品開発プロジェクトでの
部門間の対立。

開発部門は、エッジの効いた、
自分たちの技術力を、
存分に活かした商品を、作りたい。

営業部門は、お客様に売りやすい、
分かりやすいものを、作ってほしい。

管理部門は、出来る限り、
コスト削減して、進めてほしい。

それぞれの言い分を聞いたら、
どの部門だって、
それぞれのプロフェッショナリズムで、
一生懸命です。

こんな時、各立場から、
言い合っているだけでは、
上手く進めません。

何があったらいいかと言いますと、
プロジェクトの目的です。

会社全体だったら、
ビジョン・理念(価値観)
です。

いつでも、そこに立ち戻って、
一緒に、考えるんです。

で、ここで大事なのは、
そのビジョン・理念(価値観)が、

立派な文章であることではなく、
タテマエ的な大義名分でもなく、
真にそれを願う心があることです。

そして、何度でも、社員さんたちと、
共有することです。

絶対、できます!!

本日の問いかけ:
御社のビジョン・理念(価値観)は?

理想に向かって、仲間と一緒に、
ワクワク進む、幸せな組織創りを、
応援しています!!

追伸:世界平和も、願ってます。

疑問質問、ご相談がございましたら、
お気軽に、お問い合わせ下さい(*^_^*)
感想も、お待ちしております♪♪

このブログをメルマガでも
お届けしています。
ご希望の方は、
下記フォームよりご登録ください^ ^

ワクワク働きたい組織づくりのヒントをお届け!









お問い合わせ

お問い合わせ

一覧に戻る
The following two tabs change content below.
大図 美由紀

大図 美由紀

次のステージに向け、チャレンジの1歩を踏み出したい経営者さまと、「人がやりがいを持って、イキイキと働ける。そして、仲間と協力しながら、素晴らしい価値を世の中に提供していく」、そんな仕組みと組織を創っていくことを、一緒に取り組んでいます。

サービス紹介

パートナー紹介

講座

よくある質問

お問い合わせ

あなたもコミュニティリーダーになりませんか?

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加
Powered by WishList Member - Membership Software